大河出版は半世紀にわたり、理工学書と技術雑誌を発行している出版社です。理論と実際の橋渡し役として、モノづくりに貢献します。

新刊案内

2018年11月26日  月刊 ツールエンジニア2018年12月号
特集:手作業に使用する作業工具と使いかた
2018年10月25日  月刊 ツールエンジニア2018年11月号
特集:歯車の加工技術と形状検査の現状
2018年10月05日  スマートグリッド2018年10月号
特集:人工知能の技術動向とエネルギー分野への適用
2018年10月01日  ─21世紀の工作機械と設計技術を知る─「機械加工&切削工具」
          工作機械加工技術研究会編(代表:幸田盛堂)
◇内容目次◇
第1章モノづくりと機械加工の歴史
第2章工作機械による形状創成と加工精度
第3章旋削・中ぐり加工と加工精度
第4章エンドミル加工と高速ミーリング
第5章切削工具の選定と最新技術
第6章小径工具による加工の特質と加工例
第7章セラミックスの加工と研削
第8章ころがり軸受の特性と技術
第9章リニアガイドの特性と最新技術
第10章加工機の自動化/周辺技術/制御技術
第11章ツーリング:工具とホルダ技術
第12章切削油剤の選定と最新技術動向
第13章工作機械の知能化技術
第14章機械加工における環境・安全対応技術

ツールエンジニア最新号

ツールエンジニア 2018年12月号

ツールエンジニア 2018年12月号

定価  1,100円  (税込)
数量
Tool Engineer
 月刊ツールエンジニアは1959年発行の斯界を代表する技術雑誌です。
 機械加工に携わる全ての技術者にとって必要な情報を「未来的視点」「現場の課題解決」「理論と実際の架け橋」を主眼におき編集しております。
 小物加工から大物加工、難削材加工や精密微細加工、また機械加工に付随する関連技術など、あらゆる最新テーマを毎月特集しております。
 ぜひとも貴社の技術力向上に「月刊ツールエンジニア」をお役立て下さい。


Keyword
機械加工、工作機械、切削工具、研削工具、ツーリング、治具、バリ取り、精密測定、CAD/CAM

特集:手作業に使用する作業工具と使いかた

●工具の基礎知識 使いかた,選びかた,メインテナンス
    KTC(京都機械工具) 福田昌典
●手仕上げ作業の取組み
    APTES 技術研究所 愛 恭輔
●テスト・ツールの種類,仕様と使いかたの基本
    デジタルマルチメータ & データ取込みソフト
    三和電気計器 田中真秀
●計測工具の適切な使いかた
    上野 滋

一般記事&連載記事

■ヨッサァンの研削漫談 第25回
    研削盤のクーラント液管理と作業環境を見直そう
    ヨシテック 吉原且滋
■1945年より昔の技術遺産を掘り起こす その5
    続・ジグ中ぐり盤の国産化 海軍航空本部と広工廠資料による
    呉市海事歴史科学館 久保健至 /大阪市立大学 坂上茂樹
■工具図面作成CAD ソフト「TD Sketcher」
    伊藤忠テクノソリューションズ 江渡寿郎
■NC旋盤で刃先交換チップを生かす 実務的実践ノートその12
    削り屋はワークの機能を理解して加工すること
    西 曉祐
■21世紀の金型 その4 自動車製造に使用する金型(続)
    八戸工大 武藤一夫
■連載 エンジニアの図面作成
    読みやすく,誤解されない図面の追求
    JISハンドブックの“製図”規格
    第4回 機械製図1 適用範囲 〜 5図面の大きさおよび様式
    松木敏行
■連載 生活を支える金属 いろはにほへと
    第35回 装飾と機能を付与 その10 溶 射
    吉村泰治
■連載 起業奮戦記・いしい旋盤製作所
    嬉しさに包まれる日々-苦労があってもあすが楽しみ
    第3回 わたしの原動力
    塚本美千代
■レポート
    福井産メガネ枠発祥の地 「麻生津」に受け継がれる
    確かな技術 - iOFT 2018 –
    編集部
■臨増目次
    編集部
■2018年総目次
    編集部
★われら町工場人 ― 鹿本技研
    モノづくりは行動力
    防音扉の開発 & 製造
★今月のゲスト
    1920年に複葉機でローマから東京まで飛んできた
    アウトゥーロ・フェラーリン飛行士
★マシンガイド
    工作機械/関連機器
    切削工具/作業工具
    材料/機械要素
    CAM /関連ソフト
    測定機/計測機器
★機械加工関連セミナー&講習会
★切削関連セミナー&講習会
★われらの仲間
★技能検定練習問題
★編集後記

お知らせ

2018年11月07日  JIMTOF2018ご来場のお礼。
さて、2018年11月1日から6日までの6日間に渡り開催されました「JIMTOF2018第29回日本国際工作機械見本市」では、ご多忙の折にもかかわらず当社ブースにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。皆様のおかげをもちまして、大盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。

会期中、ご説明などが行き届かない点もあったかと存じますが、ご要望・ご質問等がありましたら、ご一報賜りますようお願い申し上げます。

今後とも皆様のご期待に沿える書物の制作に、従業員一同全力をあげて努める所存でございますので、末永くご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

ご来場賜りながら、諸事不行届きの点もあったことと存じますが何卒ご寛容のほどお願い申し上げます。
カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

エアクラフト・プロダクション・テクノロジー
ジェットエンジンを含む現代航空機の生産技術について、材料、機械加工、表面処理、板金格好、組立、検査試験、生産計画までを体系的に解説、この分野でに関わる技術者が知っておくべき専門知識を網羅しており、世界的にも類書のない貴重な文献である。
エアクラフト・プロダクション・テクノロジー
航空機&ロケットの生産技術
航空機やヘリコプター、ロケットの機体製造に不可欠な生産技術を纏めた他に類を見ない書。
執筆陣はアメリカ航空宇宙産業を代表する専門技術者グループで、機体組立用治具や組立法、特殊加工や各種材料の取り扱い方など製造に関する実用技術を詳細に解説。
航空機&ロケットの生産技術
ヘリコプターは面白い
メカニズムから飛行の原理、そして操縦方法まで、現役パイロットがヘリコプターの魅力のすべてを教える「大河ホビー」シリーズの第一弾。実際のフライト体験やライセンスの取りかた、新型ヘリの写真も多数収録、現代最高のマシンの全容をあますところなく紹介している。
ヘリコプターは面白い
このページの先頭へ戻る