大河出版は半世紀にわたり、理工学書と技術雑誌を発行している出版社です。理論と実際の橋渡し役として、モノづくりに貢献します。

お知らせ

2018年11月07日  JIMTOF2018ご来場のお礼。
さて、2018年11月1日から6日までの6日間に渡り開催されました「JIMTOF2018第29回日本国際工作機械見本市」では、ご多忙の折にもかかわらず当社ブースにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。皆様のおかげをもちまして、大盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。

会期中、ご説明などが行き届かない点もあったかと存じますが、ご要望・ご質問等がありましたら、ご一報賜りますようお願い申し上げます。

今後とも皆様のご期待に沿える書物の制作に、従業員一同全力をあげて努める所存でございますので、末永くご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

ご来場賜りながら、諸事不行届きの点もあったことと存じますが何卒ご寛容のほどお願い申し上げます。

新刊案内

2018年10月25日  月刊 ツールエンジニア2018年11月号
特集:歯車の加工技術と形状検査の現状
2018年10月25日  月刊 ツールエンジニア2018年11月臨時増刊号
特集:JIMTOF2018 工作機械見本市見どころ
2018年10月05日  スマートグリッド2018年10月号
特集:人工知能の技術動向とエネルギー分野への適用
2018年10月01日  ─21世紀の工作機械と設計技術を知る─「機械加工&切削工具」
          工作機械加工技術研究会編(代表:幸田盛堂)
◇内容目次◇
第1章モノづくりと機械加工の歴史
第2章工作機械による形状創成と加工精度
第3章旋削・中ぐり加工と加工精度
第4章エンドミル加工と高速ミーリング
第5章切削工具の選定と最新技術
第6章小径工具による加工の特質と加工例
第7章セラミックスの加工と研削
第8章ころがり軸受の特性と技術
第9章リニアガイドの特性と最新技術
第10章加工機の自動化/周辺技術/制御技術
第11章ツーリング:工具とホルダ技術
第12章切削油剤の選定と最新技術動向
第13章工作機械の知能化技術
第14章機械加工における環境・安全対応技術

ツールエンジニア最新号

ツールエンジニア 2018年臨時増刊号

ツールエンジニア 2018年臨時増刊号

定価  2,000円  (税込)
数量
Tool Engineer
 月刊ツールエンジニアは1959年発行の斯界を代表する技術雑誌です。
 機械加工に携わる全ての技術者にとって必要な情報を「未来的視点」「現場の課題解決」「理論と実際の架け橋」を主眼におき編集しております。
 小物加工から大物加工、難削材加工や精密微細加工、また機械加工に付随する関連技術など、あらゆる最新テーマを毎月特集しております。
 ぜひとも貴社の技術力向上に「月刊ツールエンジニア」をお役立て下さい。


Keyword
機械加工、工作機械、切削工具、研削工具、ツーリング、治具、バリ取り、精密測定、CAD/CAM

特集:JIMTOF2018 工作機械見本市見どころ

★2018の規模 編集部
●高速造形に対応した金属3次元プリンタ
   ソディック 大塚計史朗
●金属光造形複合加工機の機能と使用法
    松浦機械製作所 市村 誠
●大型門型MCをリニューアル,堺の工作機械メーカー
    新日本工機 金 廣重
●照明系金型向け超精密加工機&大型MC,ターニングセンタ
         東芝機械 
●高速門型ローダ「GR High-Speed」シリーズ
   中村留精密工業 広瀬友康
●切削加工自動化ラインを立型MC
   (#30テーパ:テーブル移動型)で標準化
   キラ・コーポレーション 山田一平 
●人を活かす,機械を活かす,技術で活かすMC20:M32などの実演
   シチズンマシナリー  水沼英幸
●IoTを用いて生産性向上 高精度立型マシニングセンタ VB53α
   OKK 馬場先宏行
●高精度・高能率加工の実現 新機能搭載 ねじ研削盤
   GSH200A-2mまでのねじ加工が可能
   三井精機工業 下村栄司
●歯車加工機という専門機の役割「KE180型」CNCホブ盤
   「KPS201型」ギヤスカイビング盤
   カシフジ 山中康司
●研削革命 最新研削加工の動向
   PG84CALi2,UPG208CHLi,UGM360NCほか
   岡本工作機械製作所 西上和宏
●出展機の最新技術 CNC円筒研削盤「GMP-30・30」
    高速CNC偏心ピン研削盤「GPEL-30B.25」
   シギヤ精機製作所 村上和史
●棒状/円盤状工具の混載が可能,NC工具研削盤の新機能
   宇都宮製作所 田中敦則
●工具径をφ1~10に絞ったNC工具研削盤
   牧野フライス精機 吉田透 
●穴あけドリルは,切りくず形状で切削条件を決める
   住友電気工業 西野康之
●インサート(スローアウェイチップ)ウェイビージョイントCBN
   ドゥトリプルミル
   タンガロイ 余越 祥,北川尚史
●モノづくりの世界に革命(Revolution)
   「HyperZタップ ステンレス用」
   「アクアドリルEXフラットショート」
   不二越 大辻佐知,桑野奈津子
●刃先交換式肩削りカッタ ショルダーエクストリーム
   「MSX・EXSAP型」
   ダイジェット工業 早水拓也
●鋼加工用工具とホルダ CVDコーティング「CA025P」
   高圧クーラント対応ホルダ「JCT」シリーズ
   京セラ 市村敏也
●「Aタップ」誕生から「Aブランド」へ 
   Aブランド超硬防振型エンドミルAE-VMSシリーズ
   オーエスジー 西村公一
●次世代型溝入れ工具の最新動向
   イスカルジャパン 長竹誉志
●切削工具のPVD被覆技術
   ワルタージャパン 江越保博
●工作機械,切削工具の性能を最大限に生かす
   「G1チャック」シリーズ
   ユキワ精工 小杉俊郎
●輸入工具 アプリテック社(スイス)とHEB社(ドイツ)
   ノア 松倉善浩
●伝統の段取り,むだ削減システム QJC,QCC &「PA&OPA」
   爪着座検知
   帝国チャック 大平義知
●NC加工シミュレーション・ツール
    CGTech 茨木保彦
●MYPAC CAD/CAMシステム「K-Ver16.0」,「VISI2018R2」,
   AI機能を搭載した見積もりシステム
   「MYPAC ESTIMATE 2.0」
   倉敷機械 川西敏一
●φ70mm以上の内径測定機能を持った測定機 
   大型非接触全周3次元測定装置 MLP-3
   三鷹光器 山嵜登志夫
●3次元測定機の技術的動向と注目点5軸制御による高速3次元測定
   ミツトヨ 中沢俊幸
●無線信号伝達式プローブ「RMP400」
   レニショー 徳政 亮
●IoTと機械加工における計測ユニットの進化
   マーポス 勝又峰行
●[イベント] JIMTOF2018 おぢやスタンプラリー
    編集部

★JIMTOF2018展示製品ガイド
■工作機械/切削工具/研削工具/CAMソフト/アプリ
   /工作用機器/計測工具/測定機器

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
切削加工に携わるサラリーマンの必読書。
工場に勤務する「ごく普通のサラリーマン」の著者が、
教科書には載っていない「切削の裏技」をいざ開陳!

また、思わず共感の「切削エッセイ」16篇を収録!
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
鉄道車両と設計技術 復刻版
<主要目次>
第1章 鉄道車両の運動力学
第2章 車体設計
第3章 動力と動力伝達装置
第4章 走り装置およびその他の機器
第5章 制御システム
鉄道車両と設計技術 復刻版
Myフライス盤をつくる
近ごろ、低価格な3次元プリンタやフリーウエアの3次元CADの登場により、個人でも手軽にモノづくりにチャレンジできる環境が、整いつつあります。本書で扱うNCフライス盤も例外ではなく、個人でも自作が可能なのです。
 本書は、個人が趣味としてNCフライス盤を製作できるよう、一から体系立てたガイドとして単行本にまとめたものです。
 単にNCフライス盤を試作するのではなく、機械の仕組みや、材料や部品の選択、精度を上げるコツなど、できるだけ多くの情報を、整理してまとめて掲載しています。 一つ一つには理由があり、それらについて順を追って説明しています。できるだけ多くの人に理解できるように、専門的な用語はできるだけ避け、やむを得ず使う場合は、語句の説明を前置きしています。
 仕組みが理解できれば、本書で紹介したフライス盤に捕らわれず、それぞれの独自のアイデアにしたがって、必要とするスペックの加工機を、自由に設計できることでしょう。
Myフライス盤をつくる
このページの先頭へ戻る