ツールエンジニア 2021年3月号

数量
定価  1,375円  (税込)
商品コード: T202103
Tool Engineer
 月刊ツールエンジニアは1959年発行の斯界を代表する技術雑誌です。
 機械加工に携わる全ての技術者にとって必要な情報を「未来的視点」「現場の課題解決」「理論と実際の架け橋」を主眼におき編集しております。
 小物加工から大物加工、難削材加工や精密微細加工、また機械加工に付随する関連技術など、あらゆる最新テーマを毎月特集しております。
 ぜひとも貴社の技術力向上に「月刊ツールエンジニア」をお役立て下さい。


Keyword
機械加工、工作機械、切削工具、研削工具、ツーリング、治具、バリ取り、精密測定、CAD/CAM

特集:試作部品から少ロット生産に対応,金属積層造形機

●トポロジー最適化と金属積層造形によるびびり
   振動抑制の試み
   ―防振性と冷却性能を高めたボーリングバーの開発―
   長野県工業技術総合センター 相澤淳平
●金属3Dプリンタ「OPM250L」を活用した簡易金型製作
   工程集約による工程管理 工数,リードタイム,
   工程間待ち時間などの削減
   ソディック 金澤祐輔
●歯車仕上げ法の違い 歯車研削とシェービング加工
   川崎芳樹
●きさげ作業の一部は,機械加工に替われるか?
   翁 登茂二・技術コンサルタント
●大物部品の生産革新をリードする
   門型マシニングセンタ「MCR-BⅤ」
   多彩な主軸ヘッド,3Dキャリブレーション,
   精度安定診断機能,… 一台で加工完結
   オークマ 大平紀之
●EV向け電動アクチュエータの小型化と
   低コスト化を可能にする磁石材料,愛知製鋼
   編集部
●プレーナ(平削り盤)発達史
   編集部
●空冷星型航空発動機部品の生産技術
   1940年代の機械加工と治具(上)
   坂上茂樹

一般記事&連載記事

■渡邊 嘉一 ひすとり
   渋澤榮一が惚れた男 その2
   京阪電気鐵道株式会社  三浦基弘

載新連載
■5軸加工屋さんといわれるまでの道
   ―新機軸の加工法を模索して―
   第2回 無名町工場のはじめての対外発信
   「JIMTOF 2008」
   大槇精機 大町亮介
業界通信
■分解してリサイクル
   風力タービンブレードの完全な再生利用に挑む
   LMウィンドパワー
★マシンガイド
   工作機関/関連機器
   切削工具/作業工具
   材料/機械要素
   CAM/関連ソフト
   測定機/計測機械
★今月のゲスト
   ライノス 代表取締役 東野哲也さん
★切削関連セミナー&講習会
★下町の青空 34
   メイドインジャパン・バイジャパンで日本復活
   田代信雄・東京都
★技能検定練習問題
   2020年度 第12回
★ 編集後記

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

工具学
切削加工では工具が必需品である。しかし、よい工具をいかに正く使えるかが、加工する部品の製造原価や品質の善し悪しに影響する。筆者は、「よい工具」を選定あるいは開発できる知識、能力を持ち、そして「正しく使う」技術を習得している者が、工具技術者であると定義している。この本は、筆者が38年間にわたり研究と開発を担当してきた技術と、生産ラインで経験した加工技術をまとめたものである。機械工場で加工に関連する業務に2~3年従事した技術スタッフを対象に、工具技術の専門技術者を早期に養成することを目的に編集したものである。
工具学
治具・取付具実用図集
本書は、全世界 18か国 506工場で製作された、標準化されていない 1615点の図面が機能・機構などによって分類され採録されている。初心者にとってはもちろん、熟練した設計者にとっても価値のある、非常に重要な標準化されていないクランプ装置に関する資料は、ほとんどの場合、それぞれの工場の中に“死蔵”されていて、後進の目に触れないままでいた。しかしグラント氏は多くの困難を克服して、全世界から図面を集め整理し、自らペンを取って墨を入れ、クランプ装置の図集を完成させた。本書は、すでに実用化された治具・取付具から厳選した図集である。
治具・取付具実用図集
治具取付具の自動化図集
自動化の大きな部分を占める自動化治具について、現場の良き伴侶となるように難解な平面図はすべて立体図として紹介し、図でわからない部分は文書で解説。
さらに締金の基本として引出形の締金、早締め締金、傾斜形締金、掛金形の締金なども紹介。(図例147点)
治具取付具の自動化図集
このページの先頭へ戻る