ツールエンジニア 2021年1月号

数量
定価  2,200円  (税込)
商品コード: T202101
Tool Engineer
 月刊ツールエンジニアは1959年発行の斯界を代表する技術雑誌です。
 機械加工に携わる全ての技術者にとって必要な情報を「未来的視点」「現場の課題解決」「理論と実際の架け橋」を主眼におき編集しております。
 小物加工から大物加工、難削材加工や精密微細加工、また機械加工に付随する関連技術など、あらゆる最新テーマを毎月特集しております。
 ぜひとも貴社の技術力向上に「月刊ツールエンジニア」をお役立て下さい。


Keyword
機械加工、工作機械、切削工具、研削工具、ツーリング、治具、バリ取り、精密測定、CAD/CAM

特集:公共輸送手段と物流のハードウェア

●ドライバー不足によりモノが運べなくなるという
   社会課題の解決のために
   -NEXT Logistics Japanの取組み-
   NEXT Logistics Japan 梅村 幸生
●鉄路に代わり,専用道を走る「BRT」を導入して復活
   編集部
●都心循環 Fukuoka BRT
   速く,時間通りに,たくさんの人を運ぶ — 西日本鉄道
   編集部
●小型4輪の貨物自動車:ピックアップ・トラック
   編集部
●この国で独自に進化した軽トラック
   編集部
●FCV &トラック・バス現状と動向
   アサヒグループホールディングス,
   西濃運輸,NEXT Logistics Japan,ヤマト運輸,
   トヨタ自動車,日野自動車,ダイムラー・トラックAG,東京都
   編集部
●コミュニティバスは,地域の乗合バス
   編集部
●車と列車のハイブリッド!
   世界初の乗り物,DMV — 阿佐海岸鉄道
   編集部
●鉱山運行管理システムとダンプトラック
   編集部
●第一次世界大戦前のWolseleyエンジン
   坂上茂樹
●タイヤを管理するTMS
   編集部
●環境変化に合わせて進化するタイヤ
   トラック・バス用オールウェザータイプのタイヤ
   — TOYO TIRE
   編集部
●日本で独自に発達したオート3輪車
   小型荷物トラックの前座として,軽3輪トラックを経て
   軽トラックに収束
   編集部
●規制緩のダブル連結トラックでしのぐ
   編集部
●小型トラック「キャンター」の新型モデル  
●プレス一体構造のテールゲートリフタ
   編集部

一般記事&連載記事

★マシンガイド
   工作機関/関連機器
   切削工具/作業工具
   材料/機械要素
   CAM/関連ソフト
   測定機/計測機械
★業界通信
   ミツトヨ - 新M3 Solution Center
   UTSUNOMIYAの最新ショールーム
   イスカルジャパン - 情報集約アプリ
   「イスカルワールド」
★技能検定練習問題
   2020年度 第10回
★編集後記
★機械関連催しガイド
★特集年間総目次
   2020年1月号~12月号
   (11月臨時増刊号を含む)

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

工具学
切削加工では工具が必需品である。しかし、よい工具をいかに正く使えるかが、加工する部品の製造原価や品質の善し悪しに影響する。筆者は、「よい工具」を選定あるいは開発できる知識、能力を持ち、そして「正しく使う」技術を習得している者が、工具技術者であると定義している。この本は、筆者が38年間にわたり研究と開発を担当してきた技術と、生産ラインで経験した加工技術をまとめたものである。機械工場で加工に関連する業務に2~3年従事した技術スタッフを対象に、工具技術の専門技術者を早期に養成することを目的に編集したものである。
工具学
治具・取付具実用図集
本書は、全世界 18か国 506工場で製作された、標準化されていない 1615点の図面が機能・機構などによって分類され採録されている。初心者にとってはもちろん、熟練した設計者にとっても価値のある、非常に重要な標準化されていないクランプ装置に関する資料は、ほとんどの場合、それぞれの工場の中に“死蔵”されていて、後進の目に触れないままでいた。しかしグラント氏は多くの困難を克服して、全世界から図面を集め整理し、自らペンを取って墨を入れ、クランプ装置の図集を完成させた。本書は、すでに実用化された治具・取付具から厳選した図集である。
治具・取付具実用図集
治具取付具の自動化図集
自動化の大きな部分を占める自動化治具について、現場の良き伴侶となるように難解な平面図はすべて立体図として紹介し、図でわからない部分は文書で解説。
さらに締金の基本として引出形の締金、早締め締金、傾斜形締金、掛金形の締金なども紹介。(図例147点)
治具取付具の自動化図集
このページの先頭へ戻る