ツールエンジニア 2020年11月臨時増刊号

数量
定価  2,750円  (税込)
商品コード: T202011-2
Tool Engineer
 月刊ツールエンジニアは1959年発行の斯界を代表する技術雑誌です。
 機械加工に携わる全ての技術者にとって必要な情報を「未来的視点」「現場の課題解決」「理論と実際の架け橋」を主眼におき編集しております。
 小物加工から大物加工、難削材加工や精密微細加工、また機械加工に付随する関連技術など、あらゆる最新テーマを毎月特集しております。
 ぜひとも貴社の技術力向上に「月刊ツールエンジニア」をお役立て下さい。


Keyword
機械加工、工作機械、切削工具、研削工具、ツーリング、治具、バリ取り、精密測定、CAD/CAM

特集:現場のモノづくり 切削加工&工具情報

第1部「技術編」,第2部「資料編」
●第一部 連載ダイジェスト・総まとめ1

◆NC旋盤で刃先交換チップを使いこなす やらまいか ダイジェスト
   西 嶢祐

◆歯車加工入門
  (1)歯車の役割&種類,歯形
  (2)インボリュートとは何か
  (3)インボリュート歯車の基礎
  (4)インボリュート歯車の精度を測る
  (5)インボリュート歯車の切削
   荻野工業株式会社 石川 雅之


◆機械製図 エンジニアの図面作成
   読みやすく,誤解されない図面の追求
   手書き製図演習 軸受押え 軸受支え台
   空気シリンダ Vベルト調整台 ウォーム減速機
   付録  1 図面作成のカンドコロ
       2 製図作業に必要なものごと
松木敏行


●第二部「モノづくり用品 カタログコレクション」

■表紙解説/奥付

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

新版 初歩から学ぶ工作機械
学びやすい、教えやすい、工作機械の教科書です。

●写真、図表、3次元モデル図を豊富に使用
●工作機械本体の全体像がつかめる
●理屈で理解することにより楽しく学べる
新版 初歩から学ぶ工作機械
工作機械特論
工作機械は、部品や機械の生産に不可欠な母なる機械である。近代工作機械を世に送り出したのは、産業革命を成し遂げたイギリス、製鉄や軍事技術でヨーロッパに君臨したドイツ、時計産業で覇を唱えたスイス、そしてエネルギッシュな時代のアメリカだ。
シュレジンガーの「工作機械」、ケーニヒスベルガーの[工作機械の設計原理」、ムーアの「超精密機械の基礎」・・・・・。
工作機械を論じた名著は多いが、そのオリジナリティは長く欧米のものとされてきた。
ここに初めて、日本人による独創に満ちた見事な工作機械を見つめ、育て、到達した工作機械の原点、それはとりも直さず、これからも工作機械が取り組むべき不変のテーマである。
生産技術・機械技術に関わるすべての人にとって、本書以上に精度の本質を教示されるものはない。
工作機械特論
工作機械のメカニズム
工作機械を使う立場から、工作機化の各部の内部構造や動作原理を知るのにはもってこいのテキストです。
動力の伝達、摺動、回転、変速、主軸、送り、潤滑といった機構や原理を豊富な部分写真や図でわかりやすく各工作機械ごとに整理しました。
工作機械のメカニズム
このページの先頭へ戻る