スマートグリッド2020年10月号

数量
定価  2,200円  (税込)
商品コード: S202010
特集:
スマートグリッドと最新通信技術

特集:スマートグリッドと最新通信技術

=巻頭言=
■スマートグリッドを支える新しいネットワーク技術への期待
 工学院大学 水野修

=解 説=
■第5世代移動通信システムの概要
 ソフトバンク株式会社 南園健一

■スマートグリッド構築に資するビル管理システムの通信技術最新動向
 アズビル株式会社 木都孝洋

■電気とガスの自動検針用スマートメーターシステムの通信方式
 富士電機株式会社 畠内孝明

■スマートグリッド向けセキュリティへの取り組み
 株式会社日立製作所 山口耕平, 山田勉

■明電クラウドによる遠隔監視・設備管理サービスの紹介
 株式会社明電舎 松平隆宏

<研究紹介>
■EVと充電器によるスマートグリッドへの貢献
 一般社団法人CHAdeMO協議会 吉田誠

■都市におけるPV,蓄電池,EVを使ったコスト最適な脱炭素化の道筋:京都市の例
 国立研究開発法人国立環境研究所 小端拓郎, 吉田崇紘, 山形与志樹

■NITE電力安全の業務紹介
 独立行政法人製品評価技術基盤機構 田中栄一

<製品と技術>
■大型複合ビルの受変電設備保守点検対応の検討
 鹿島建設株式会社 上村健

■集合住宅向けエネルギーマネジメントシステムの開発
 大成建設株式会社 小澤健司

<資料>
■小形雷サージ検知装置「雷メモリ」の開発について
 音羽電機工業株式会社 廣岡征紀

■風力発電のアセスメントにおけるドップラーライダーの紹介
 英弘精機株式会社 竹内栄治

<連載>
■スマートグリッドへの利用に向けた
 最新の日射量・太陽光発電電力量の予測技術(第4回)
 日本大学 宇野史睦

keywords

●電力系統 ●発電技術 ●送配電技術
●計測制御 ●ICT     ●蓄電システム
●資材調達 ●電力市場 ●低炭素社会

 本誌はスマートグリッドに関する我が国唯一の技術雑誌です。
 電力の安全・安心な供給と低炭素社会の実現に向け、スマートグリッドの意義はますます重要になっております。
 極めて高度かつ広範な技術が関係する為、発電技術や情報通信技術をはじめ、様々な技術分野の研究開発を産学が一体となって推進する必要があります。
 本誌は毎号時宜に応じた特集を組み、各分野の第一線で活躍する研究者・技術者の執筆による解説記事を掲載します。また、技術資料、事例報告、業界動向なども掲載、スマートグリッドに関する技術情報の提供により斯界の発展に貢献します。

*定期購読お申込書 |PDF|

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

新版 初歩から学ぶ工作機械
学びやすい、教えやすい、工作機械の教科書です。

●写真、図表、3次元モデル図を豊富に使用
●工作機械本体の全体像がつかめる
●理屈で理解することにより楽しく学べる
新版 初歩から学ぶ工作機械
工作機械特論
工作機械は、部品や機械の生産に不可欠な母なる機械である。近代工作機械を世に送り出したのは、産業革命を成し遂げたイギリス、製鉄や軍事技術でヨーロッパに君臨したドイツ、時計産業で覇を唱えたスイス、そしてエネルギッシュな時代のアメリカだ。
シュレジンガーの「工作機械」、ケーニヒスベルガーの[工作機械の設計原理」、ムーアの「超精密機械の基礎」・・・・・。
工作機械を論じた名著は多いが、そのオリジナリティは長く欧米のものとされてきた。
ここに初めて、日本人による独創に満ちた見事な工作機械を見つめ、育て、到達した工作機械の原点、それはとりも直さず、これからも工作機械が取り組むべき不変のテーマである。
生産技術・機械技術に関わるすべての人にとって、本書以上に精度の本質を教示されるものはない。
工作機械特論
工作機械のメカニズム
工作機械を使う立場から、工作機化の各部の内部構造や動作原理を知るのにはもってこいのテキストです。
動力の伝達、摺動、回転、変速、主軸、送り、潤滑といった機構や原理を豊富な部分写真や図でわかりやすく各工作機械ごとに整理しました。
工作機械のメカニズム
このページの先頭へ戻る