ツールエンジニア 2020年7月号

数量
定価  1,375円  (税込)
商品コード: T202007
Tool Engineer
 月刊ツールエンジニアは1959年発行の斯界を代表する技術雑誌です。
 機械加工に携わる全ての技術者にとって必要な情報を「未来的視点」「現場の課題解決」「理論と実際の架け橋」を主眼におき編集しております。
 小物加工から大物加工、難削材加工や精密微細加工、また機械加工に付随する関連技術など、あらゆる最新テーマを毎月特集しております。
 ぜひとも貴社の技術力向上に「月刊ツールエンジニア」をお役立て下さい。


Keyword
機械加工、工作機械、切削工具、研削工具、ツーリング、治具、バリ取り、精密測定、CAD/CAM

特集:部品の品質を確保するための計測,検査装置

●互換性部品の製造とフライス盤の役割
   米国式機械部品の生産システムと量産
   編集部
●測定作業のカンどころ
   テーパ角の測定,アングルブロックの角度測定,
   VブロックのV溝の角度測定,デジタルマイクロスコープ
   による仕上げ面の測定
   千葉職業能力開発促進センター/
   君津訓練センター 隈元康一
●光学式非接触 小径内径測定器
   熟練者を超える作業速度,精度を誰でもすぐに容易に
  「IDM-EXシリーズ」
   第一測範製作所 西方 崇
●光学式表面測定機「OS500」によるギヤシャフトの表面性状測定
   ケン・オートメーション 丸山拓之, 矢尾板達也
   オプトサーフ ライナー・ブロドマン
●材料の硬さ試験
   金属からプラスチックまで多彩なワークの硬さ試験に
   対応した HR-600シリーズ
   ミツトヨ 山口誉晃
●機械加工における切削状況の監視&マシンの故障予知
   アーティス(ARTIS)・モニタリングシステムの機能
   マーポス 倉橋康浩
●精度を確保するための測定技術
   Equator計測システムとインライン測定
   レニショー 三橋亮介
●摩擦摩耗試験機による静・動摩擦係数の評価法
   新東科学 野村篤史
●オートフォーカス光軸傾斜法による内周形状測定
   精密小型部品の内径寸法・形状測定に最適
   三鷹光器 三浦勝弘
●金型および工具コーティングの精密な強さ分析
   材料表面の肌をMSE試験で可視化
   パルメソ 松原 亨
●精密デジタル水準器(ワイラー社製)
   短時間かつ容易な工作機械高精度管理
   YKT 梅園航樹

一般記事&連載記事

■空冷航空発動機の歴史
   「ルノー空冷V型8気筒」の初期と研削ショップ
   飛行船から複葉機プッシャ式へ,45馬力から100馬力まで
   技術史研究者 坂上茂樹
■エンジニアの図面作成 48
   JISハンドブックの“製図”規格
   1回 製品の幾何特性仕様(GPS)-幾何公差表示方
   式-形状,姿勢,位置および振れの公差表示方式(4)
   18 幾何公差の定義 / 18.9 平行度公差
   18.9.1 データム直線に関連した線の平行度公差~
   18.9.3 データム直線に関連した表面の平行度公差
   松木敏行

★マシンガイド
   工作機関/関連機器
   切削工具/作業工具
   測定機/計測機械
★切削関連セミナー&講習会
★下町の青空 32
   知の巨人が愛した男・渋沢栄一
   田代信雄・東京都
★業界通信
   ミツトヨ
   キャプテンインダストリーズ
   DMG 森精機
★技能検定練習問題
   2020年度 第4回
★ 編集後記

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル

切削加工に携わるサラリーマンの必読書。
工場に勤務する「ごく普通のサラリーマン」の著者が、教科書には載っていない「切削の裏技」をいざ開陳!
また、思わず共感の「切削エッセイ」16篇を収録!
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
NCフライス加工入門
待望の入門書・すぐに役立つ教科書・副読本
初心者からベテランまで 納得の基礎項目を網羅

[目 次]
第1 章 フライス盤入門
第2 章 NC プログラムのつくりかた
第3 章 NC フライス加工の実習
第4 章 マシニングセンタによる加工
第5 章 機械の運転
第6 章 カスタムマクロ入門
NCフライス加工入門
Myフライス盤をつくる
[著者]橋本 大昭 切削加工機の自作ガイド
<主要目次>
0章 Myフライス盤をつくる
1章 NCフライス盤の制御機構
2章 NC装置(コントロールユニット)の構成
3章 NCユニットの製作
4章 NCフライス盤の設計
5章 フライス盤の本体を設計する
6章 安全カバー付き作業台をつくる
7章 フライス盤を組立る
8章 さらに加工精度を求めて
9章 フライス盤が完成したら切削試験を
10章 加工機の剛性を上げる
11章 周辺機器編
Myフライス盤をつくる
このページの先頭へ戻る