金属組織観察のための検鏡試料の作り方

数量
定価  4,400円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-818-4
 金属組織観察において最も苦労するのは,光学顕微鏡により組織観察を行うに当たって最も確かな組織を見いだすための検鏡試料の作製,すなわち,検鏡面の磨きとエッチングである.本書では,その手法を中心に解説している.
 金属組織について学ぶ方,仕事に不可欠な方,教える方,それぞれの立場においてご活用いただだきたい.

金属組織観察のための検鏡試料の作り方

材料技術教育研究会[編]


第1章 金属組織の概要
1.1 金属材料の結晶構造と特徴
1.2 金属組織の形態
1.3 材料組織観察法
1.4 光学顕微鏡による金属組織の見え方

第2章 顕微鏡組織観察用試料の作製
2.1 顕微鏡組織現出の過程
2.2 試料の採取方法
2.3 試料の大きさ
2.4 試料の切断
2.5 試料の埋込み及び支持
2.6 試料のマーキング
2.7 下地研磨
2.8 粗研磨と精研磨
2.9 機械研磨(琢磨)
2.10 顕微鏡による検査及び観察

第3章 鉄鋼材料
3.1 機械研磨
3.2 電解研磨
3.3 エッチング(腐食)
3.4 旧オーステナイト粒界の現出
3.5 代表的な炭素鋼組織の形態 112

第4章 非鉄金属材料
4.1 組織観察試料の作製
4.2 鏡面仕上げ(バフ研磨)
4.3 電解研磨
4.4 腐食(エッチング)
4.5 金属及び合金の組織現出

第5章 セラミックスの組織現出
5.1 試料作製条件
5.2 酸化物系研磨材による琢磨
5.3 腐食琢磨
5.4 エッチング

第6章 表面改質した鉄鋼材料の組織観察
6.1 検鏡試料の作製方法
6.2 切断による表面改質材からの試料採取
6.3 切断終了後の表面改質材の樹脂埋込み
6.4 樹脂埋込み試料の研磨,バフ研磨
6.5 試料のエッチング(腐食)と水分除去

第7章 表面硬化処理による鋼の表面改質組織
7.1 高周波焼入れ
7.2 炎焼入れ
7.3 レーザ焼入れ
7.4 ガス浸炭焼入れ
7.5 真空(減圧)浸炭焼入れ
7.6 ガス窒化処理
7.7 ガス軟窒化処理
7.8 ボロナイジング(ほう化処理)
7.9 炭・窒化物被覆処理

第8章 表面被覆による表面改質組織
8.1 物理蒸着(PVD)皮膜
8.2 化学蒸着(CVD)皮膜
8.3 めっき皮膜
8.4 陽極酸化皮膜(アルマイト)

第9章 レプリカ法
9.1 はじめに 240
9.2 部材のマクロ検査
9.3 部材のミクロ検査における表面研磨とエッチング
9.4 試験片表面の研磨とエッチング
9.5 ミクロ検査の型取り
9.6 検鏡
9.7 転写精度の確認

第10章 顕微鏡組織標準片の仕上げと組織の現出
10.1 顕微鏡組織標準片とは
10.2 標準片の作製手順
10.3 組織現出の実際例
10.4 ダイヤモンド仕上げ
10.5 電解研磨,電解エッチング
10.6 標準片の取り扱いと保管

第11章 機器分析用研磨面作製の留意点
11.1 SEM 観察のための試料作製
11.2 イオンミリング(ion milling)法での試料作製
11.3 SEM-EDS 及びEPMA 分析のための試料作製
11.4 SEM-EBSD 解析のための試料作製
11.5 シリアルセクショニング法での試料作製

製品ガイド



<監修>
梅澤 修(横浜国立大学)
山本 卓(山本科学工具研究社)

<執筆・編集>
内田 聡(東京都立産業技術研究センター)
梅澤 修(横浜国立大学)
坂本 良二(日本メタロ)
佐藤 英一郎(千葉工業大学名誉教授)
佐野 明彦(神奈川県立産業技術総合研究所)
篠田 清(千葉県産業支援技術研究所)
鈴木 敏之(元・工学院大学)
髙木 眞一(神奈川県立産業技術総合研究所)
田村 洋介(千葉工業大学)
鶴見 州宏(上島熱処理工業所)
土井 敏照(元・千葉県産業支援技術研究所)
前橋 陽一(故人)
山本 正之(山本科学工具研究社)

■材料技術教育研究会
 1950年秋,東京都立工業奨励館(東京都立工業技術センターを経て,現 東京都立産業技術研究センター)に材料部が新設され,石田制一博士が初代の材料部長として就任された.石田先生は金属組織に深い関心をお持ちで,材料の性質,処理加工の履歴,適材適所への活用などを理解する上で,組織に対する正しい知識と,それを読む能力が必要であるとの考えから,標準顕微鏡組織なる試料を添えた解説書の出版を発案された.材料技術教育研究会は,東北帝国大学名誉教授 村上武次郎先生のご指導と(株)山本科学工具研究社の協力を得て,1960年8 月に「顕微鏡組織標準片 第1類 炭素鋼・鋳鉄編」を完成したことにはじまる.その後,顕微鏡組織標準片は東京都立工業奨励館の専門家をはじめとする学識経験者や専門技術者のお力をいただいて,第7類までと入門用2 種を提供するに至り,第1類および入門用については英文の解説書も準備されている.また,研究会が毎年開催している「組織検査用試料の作り方(組織の現出)」講習会(2019年3月に第44回)は,関係者より好評を博している.

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

精密の歴史
320頁
クリス・エヴァンス/著
橋本 洋・上野 滋共/訳

私達が当たり前に使っている道具は、どのようにして生まれ、発展してきたのか。
本書は、これらをルーツとする精密工学の起源を探り、その技術的、社会的進歩をたどりながら、精度の概念、時間、長さ、真の平面等々を説き明かす。
精密の歴史
機械発達史
四六判 254頁
中山秀太郎/著

本書は、機械文明の光の部分のみならず、その影の部分へも思考の焦点をあて、機械技術者だけでなく、一般の人々も読者対象とした教養書。
主な内容は、
技術の芽生え 
産業革命 
動力の進歩 
電気の利用 
管理法の提案 
大量生産 
省力化 
自然破壊など
機械発達史
匠のモノづくりとインダストリー4.0
A5判 180頁
柴田 英寿/著

ドイツの自動車産業では、10年後を見据えて業界として足並みをそろえながら、それぞれが役割を分担しながらインダストリー4.0を着実に進めている。いずれ日本の企業とも関わって対立することもあるだろう。
 日本の製造業も、顧客を指向した価値を起点とする「日本式インダストリー4.0」を構築し対抗すべきだろう。



序章 インダストリー4.0とは何か
序-1 ドイツの産業政策としてのインダストリー4.0
序-2 インダストリー4.0を追うのは

第1章 地球に、何が起きていて、何が問題・課題なのか
1.1 成長の限界
1.2 工業の幻想
1.3 成長と工業が生み出した不都合な真実
1.4 不安遺伝子を背負った人類
1.5 あかし
1.6 地球:創業46億年、150年のフル稼働

第2章 ドイツ、米国、日本では何が起きているのか
2.1 ドイツで起こっていること
2.2 米国で起こっていること
2.3 日本で起こっていること
2.4 なぜ、独、米、日なのか
2.5 ドイツのモノづくり
2.6 米国のモノづくり
2.7 日本のモノづくり

第3章 解決のためのコア
3.1 モノには神様がいる
3.2 布教活動
3.3 「つくる」「売る」から「使う」へ
3.4 仮説まとめ
3.5 目標主導
3.6 工程整理
3.7 茶飲み話

第4章 地球工場の向かっていく方向と行き着くところ
4.1 金融リスクの回避
4.2 人口と雇用
4.3 CO2は工場が出している
4.4 金属とCO2の関係
4.5 日本のモノづくりのゆくえ
4.6 脱本流
4.7 個が個を超える時代
匠のモノづくりとインダストリー4.0
このページの先頭へ戻る