ツールエンジニア 2020年2月号

数量
定価  1,375円  (税込)
商品コード: T202002
Tool Engineer
 月刊ツールエンジニアは1959年発行の斯界を代表する技術雑誌です。
 機械加工に携わる全ての技術者にとって必要な情報を「未来的視点」「現場の課題解決」「理論と実際の架け橋」を主眼におき編集しております。
 小物加工から大物加工、難削材加工や精密微細加工、また機械加工に付随する関連技術など、あらゆる最新テーマを毎月特集しております。
 ぜひとも貴社の技術力向上に「月刊ツールエンジニア」をお役立て下さい。


Keyword
機械加工、工作機械、切削工具、研削工具、ツーリング、治具、バリ取り、精密測定、CAD/CAM

特集:切削作業におけるびびりを抑制する                 工具&ソフト

●びびり振動解析ソフト「CutPRO」
   びびりを避ける切削条件の設定法
   森脇技術研究所 森脇俊道
●加工条件探索機能「加工ナビ」 びびり,現象と解析事例
   オークマ 安藤知治
●深穴内径の旋削加工用防振工具 Bore Meister(ボアマイスター)
   タンガロイ 向中野 陽太
●“びびりマーク”“送り目”対策 究極の平面創成を追求する
   超精密平面研削盤 -摺動・駆動・要素-
   岡本工作機械製作所
●スマートダンパーの防振能力と加工事例
   防振機構による難加工の加工能率アップ
   大昭和精機 緒方達也
●優れた防振性を有するソリッドモジュラヘッド
   びびりを抑制し生産性向上をはかる
   ダイジェット工業 長田昌文
●Silent Toolsを使用したびびり抑制&Silent Toolsプラス
   サンドビック・コロマント・カンパニー 河田洋一
●ハイドロチャックのびびり振動への効果
   エヌティーツール 齊藤 信
●「MEV」刃先交換式エンドミルで,安定した切削を行なう
   京セラ 機械工具技術開発部 眞尾将平

一般記事&連載記事

■民間旅客機部品を切削する加工機と自動化機能
   5軸プロファイラにAPC,ATCを組合わせたFMS
   新日本工機 隅澤 勲
■ハイドロフォーミングに対応 「TubeXpert R8」
   チューブ成形に特化したソフトウェア
   オートフォームジャパン 糸長達也
■ロボドリル向け振動モニタリングシステム
   周波数帯域(10~100kHz)の振動を検出し,
   切削状況の監視と工具摩耗の異常検出を行なう
   編集部
■「1個流し自動摺動めっき装置」が2019 R&D 100 Awardsを受賞
   生産性向上と環境負荷の低減に寄与
   三菱電機・生産技術センター
   編集部
■起業奮戦記・いしい旋盤製作所
   嬉しさに包まれる日々-苦労があってもあすが楽しみ
   第15回 待望の自社工場竣工
   塚本美千代
■歯車加工入門 第5回
   インボリュート歯車の切削
   荻野工業 石川雅之
■NC旋盤で刃先交換チップを使いこなす
   実務的実践ノート その24
   旋削では切削抵抗を使いこなす
   西 曉祐
■エンジニアの図面作成 43
   JISハンドブックの“製図”規格 第16回
   機械製図 11 寸法記入11.8 キー溝の表し方
   松木敏行
★マシンガイド
   工作機関/関連機器
   切削工具/作業工具
   材料/機械要素
   CAM・関連ソフト
   測定機/計測機械
★今月のゲスト
   福田交易 福田崇之さん
★イベントショートレポート
   2019国際ロボット展
★業界通信
   ノア/ Walter AG
★技能検定練習問題
   2019年度 第10回
★編集後記

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

古建築の細部意匠
法隆寺、日光東照宮、東大寺等300におよぶ神社、仏閣をとりあげ、世界に誇る日本の古建築を観賞の立場から斗組、蟇股・妻飾木鼻・虹梁などを豊富な図版と写真で詳細に解説している。
また建築の構造、様式の時代的な変遷を建築史の立場からもとらえている。
古建築の細部意匠
精密の歴史
私達が当たり前に使っている道具は、どのようにして生まれ、発展してきたのか。
本書は、これらをルーツとする精密工学の起源を探り、その技術的、社会的進歩をたどりながら、精度の概念、時間、長さ、真の平面等々を説き明かす。
精密の歴史
機械発達史
本書は、機械文明の光の部分のみならず、その影の部分へも思考の焦点をあて、機械技術者だけでなく、一般の人々も読者対象とした教養書。
主な内容は、 技術の芽生え 産業革命 動力の進歩 電気の利用 管理法の提案 大量生産 
省力化自然破壊など。
機械発達史
このページの先頭へ戻る