ツールエンジニア 2019年6月号

数量
定価  1,375円  (税込)
商品コード: T201906
Tool Engineer
 月刊ツールエンジニアは1959年発行の斯界を代表する技術雑誌です。
 機械加工に携わる全ての技術者にとって必要な情報を「未来的視点」「現場の課題解決」「理論と実際の架け橋」を主眼におき編集しております。
 小物加工から大物加工、難削材加工や精密微細加工、また機械加工に付随する関連技術など、あらゆる最新テーマを毎月特集しております。
 ぜひとも貴社の技術力向上に「月刊ツールエンジニア」をお役立て下さい。


Keyword
機械加工、工作機械、切削工具、研削工具、ツーリング、治具、バリ取り、精密測定、CAD/CAM

特集:外国製工具・デバイス&輸入工作機械の選びかた

●光学式エンコーダとRLS製磁気式エンコーダ
  レニショー名古屋オフィス 河野 巧
●CNC多軸ターニングセンタ「ACX-36」
  幅広い加工で圧倒的な生産能力を発揮
  ゴーショー 佐伯悠介
●小型部品を非接触に高精度・自動測定Optoflash
  複雑な軸モノ部品を現場で手早く計測Optoquick
  マーポス 勝又峰行
●ミーリング工具向け最新コーティング Tiger・tec Gold
  ワルタージャパン 江越保博
●センサ内蔵ツールホルダ「spike」による切削力測定
  福田交易 田中竜太
●ブリゲッティ社「スロッティングツール」
  汎用的な切削加工機で使えるキー溝ツール
  山田マシンツール 池堂雄介
●高送りミーリングカッタ SBN10
  1つのカッタで荒加工から仕上げまで
  ノア 木村康人
●海外メーカーの工具開発
  イスカルジャパン 長竹誉志
●音響コム型デジタル式AEセンサ
  デジタル式ニオブ酸リチウム(LiNbO3)を用いた超音波センサ
  八戸工業大学 武藤一夫
●V型8気筒航空発動機の歴史的位相
  航空発動機と自動車エンジンの関係
  大阪市立大学 坂上茂樹

一般記事&連載記事

■高硬度材仕上げ加工用ボールエンドミル「ミラーボールTS」
   ダイジェット工業 津曲達也トピック
■100年前に米国海軍は大西洋を飛行艇で横断
   1か月後に双発の複葉機が無着陸で,懸賞を獲得
   編集部
■Studer,量産向けNC研削盤を拡張
   心間400,650,1000,1600mmから選択
    編集部

■歯車加工入門 第1回 歯車の役割&種類,歯形
   荻野工業 石川雅之
■NC旋盤と刃先交換チップを使いこなす
   実務的実践ノート その17
   切削作業用材料の被削性と焼準組織
   西 曉祐
■エンジニアの図面作成 36
   JISハンドブックの“製図”規格
   第9回 機械製図 10 図形の表し方 10.3 図形の省略
   10.3.1 一般事項 ~ 10.3.4中間部分の省略
   松木敏行
■生活を支える金属 いろはにほへと 第38回
   楽器の秘密  吉村泰治
■起業奮戦記・いしい旋盤製作所
   嬉しさに包まれる日々-苦労があってもあすが楽しみ
   第9回 歓喜!『起業』への切符
   塚本美千代
★マシンガイド
   工作機関/関連機器
   切削工具/作業工具
   CAM・関連ソフト
   測定機/計測機械
★今月のゲスト
   河川から土砂の流出を防ぐ土木技術者
   赤木正雄さん
★機械加工関連講習会・情報
★非破壊検査用X線ニュース
   カーボンナノ系冷陰極X線管を製品化,明電舎
★われらの仲間
   読者からの寄稿 - 特集記事に関して -
★技能検定練習問題
   2019年度 第3回
★編集後記

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

古建築の細部意匠
法隆寺、日光東照宮、東大寺等300におよぶ神社、仏閣をとりあげ、世界に誇る日本の古建築を観賞の立場から斗組、蟇股・妻飾木鼻・虹梁などを豊富な図版と写真で詳細に解説している。
また建築の構造、様式の時代的な変遷を建築史の立場からもとらえている。
古建築の細部意匠
精密の歴史
私達が当たり前に使っている道具は、どのようにして生まれ、発展してきたのか。
本書は、これらをルーツとする精密工学の起源を探り、その技術的、社会的進歩をたどりながら、精度の概念、時間、長さ、真の平面等々を説き明かす。
精密の歴史
機械発達史
本書は、機械文明の光の部分のみならず、その影の部分へも思考の焦点をあて、機械技術者だけでなく、一般の人々も読者対象とした教養書。
主な内容は、 技術の芽生え 産業革命 動力の進歩 電気の利用 管理法の提案 大量生産 
省力化自然破壊など。
機械発達史
このページの先頭へ戻る