金属疲労とショットピーニング

数量
定価  4,320円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-708-8
ショットピーニング技術協会 [編]


わが国におけるショットピーニング技術の基本書. その目的・原理・技術・適用例を詳説. ショットピーニング技術の高度活用を目指す方はもちろん,これから導入を検討する方にも好適. 巻末に「ショットピーニング用語小辞典」を併録.

  (改定第四版)

金属疲労とショットピーニング

第1章 ショットピーニング概論
1.1 ショットピーニングとは
1.2 ショットピーニング技術発達の歴史
1.3 ショットピーニングの作用と効果
1.4 ショットピーニングの実施例

第2章 材料強度の基礎とピーニング効果
2.1 金属の疲労現象と疲労強度の向上
2.2 応力腐食割れの防止
2.3 転がり疲労強度および耐摩耗性の向上

第3章 投射材
3.1 投射材の種類
3.2 投射材の規格

第4章 ピーニング加工法
4.1 ピーニング加工法
4.2 ショットピーニング
4.3 ショットレスピーニング

第5章 ピーニング効果の評価方法
5.1 表面粗さ
5.2 顕微鏡による組織観察
5.3 硬さ試験方法
5.4 X線残留応力測定

第6章 ショットピーニング加工条件と管理の方法
6.1 ショットピーニングの方法と効果
6.2 加工条件
6.3 被加工材
6.4 アルメンゲージシステム
6.5 カバレージ
6.6 インテンシティ
6.7 生産現場における運用 

第7章 ばねと歯車に対するショットピーニングの作用・影響・効果
7.1 ばねへのショットピーニングの適用
7.2 歯車への適用

付録 ショットピーニング用語小辞典



■執筆者一覧(50音順)

当舎 勝次(出版委員長:元 明治大学)
安藤 正文(IKKショット)
小木曽克彦(ジャクセル)
小林 祐次(新東工業)
杉山 博己(不二製作所)
鈴木 義友(ジヤトコ)
祖山  均(東北大学大学院)
高橋 宏治(横浜国立大学大学院)
竹田  仁(新東工業)
丹下  彰(伊藤機工)
千田  格(東芝)
原田 泰典(兵庫県立大学大学院)
平塚 勝朗(ニッチュー)
松井 勝幸(松井技術士事務所)
渡邊 吉弘(東洋精鋼)



■ショットピーニング技術協会

1988年に日本機械学会のショットピーニング分科会を母体として発足.定期的な事業として学術講演会開催(年1回),機関誌発行(年3回),Nadcapに準拠したワークショップ開催(年1回)のほか,工場見学会,シンポジウム,講習会などを毎年1回以上実施している.さらに,世界各国持ち回りのショットピーニング国際会議を複数回開催し,ショットピーニング技術の向上と普及活動を産官学連携で行っているショットピーニング技術の専門団体.会員の主な業種は,ショットピーニング専門メーカのほか,自動車関連,航空機関連,材料関連メーカなど.

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
切削加工に携わるサラリーマンの必読書。
工場に勤務する「ごく普通のサラリーマン」の著者が、
教科書には載っていない「切削の裏技」をいざ開陳!

また、思わず共感の「切削エッセイ」16篇を収録!
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
鉄道車両と設計技術 復刻版
<主要目次>
第1章 鉄道車両の運動力学
第2章 車体設計
第3章 動力と動力伝達装置
第4章 走り装置およびその他の機器
第5章 制御システム
鉄道車両と設計技術 復刻版
Myフライス盤をつくる
近ごろ、低価格な3次元プリンタやフリーウエアの3次元CADの登場により、個人でも手軽にモノづくりにチャレンジできる環境が、整いつつあります。本書で扱うNCフライス盤も例外ではなく、個人でも自作が可能なのです。
 本書は、個人が趣味としてNCフライス盤を製作できるよう、一から体系立てたガイドとして単行本にまとめたものです。
 単にNCフライス盤を試作するのではなく、機械の仕組みや、材料や部品の選択、精度を上げるコツなど、できるだけ多くの情報を、整理してまとめて掲載しています。 一つ一つには理由があり、それらについて順を追って説明しています。できるだけ多くの人に理解できるように、専門的な用語はできるだけ避け、やむを得ず使う場合は、語句の説明を前置きしています。
 仕組みが理解できれば、本書で紹介したフライス盤に捕らわれず、それぞれの独自のアイデアにしたがって、必要とするスペックの加工機を、自由に設計できることでしょう。
Myフライス盤をつくる
このページの先頭へ戻る