金属疲労とショットピーニング

数量
定価  4,400円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-708-8
ショットピーニング技術協会 [編]


わが国におけるショットピーニング技術の基本書. その目的・原理・技術・適用例を詳説. ショットピーニング技術の高度活用を目指す方はもちろん,これから導入を検討する方にも好適. 巻末に「ショットピーニング用語小辞典」を併録.

  (改定第四版)

金属疲労とショットピーニング

第1章 ショットピーニング概論
1.1 ショットピーニングとは
1.2 ショットピーニング技術発達の歴史
1.3 ショットピーニングの作用と効果
1.4 ショットピーニングの実施例

第2章 材料強度の基礎とピーニング効果
2.1 金属の疲労現象と疲労強度の向上
2.2 応力腐食割れの防止
2.3 転がり疲労強度および耐摩耗性の向上

第3章 投射材
3.1 投射材の種類
3.2 投射材の規格

第4章 ピーニング加工法
4.1 ピーニング加工法
4.2 ショットピーニング
4.3 ショットレスピーニング

第5章 ピーニング効果の評価方法
5.1 表面粗さ
5.2 顕微鏡による組織観察
5.3 硬さ試験方法
5.4 X線残留応力測定

第6章 ショットピーニング加工条件と管理の方法
6.1 ショットピーニングの方法と効果
6.2 加工条件
6.3 被加工材
6.4 アルメンゲージシステム
6.5 カバレージ
6.6 インテンシティ
6.7 生産現場における運用 

第7章 ばねと歯車に対するショットピーニングの作用・影響・効果
7.1 ばねへのショットピーニングの適用
7.2 歯車への適用

付録 ショットピーニング用語小辞典



■執筆者一覧(50音順)

当舎 勝次(出版委員長:元 明治大学)
安藤 正文(IKKショット)
小木曽克彦(ジャクセル)
小林 祐次(新東工業)
杉山 博己(不二製作所)
鈴木 義友(ジヤトコ)
祖山  均(東北大学大学院)
高橋 宏治(横浜国立大学大学院)
竹田  仁(新東工業)
丹下  彰(伊藤機工)
千田  格(東芝)
原田 泰典(兵庫県立大学大学院)
平塚 勝朗(ニッチュー)
松井 勝幸(松井技術士事務所)
渡邊 吉弘(東洋精鋼)



■ショットピーニング技術協会

1988年に日本機械学会のショットピーニング分科会を母体として発足.定期的な事業として学術講演会開催(年1回),機関誌発行(年3回),Nadcapに準拠したワークショップ開催(年1回)のほか,工場見学会,シンポジウム,講習会などを毎年1回以上実施している.さらに,世界各国持ち回りのショットピーニング国際会議を複数回開催し,ショットピーニング技術の向上と普及活動を産官学連携で行っているショットピーニング技術の専門団体.会員の主な業種は,ショットピーニング専門メーカのほか,自動車関連,航空機関連,材料関連メーカなど.

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

工具学
切削加工では工具が必需品である。しかし、よい工具をいかに正く使えるかが、加工する部品の製造原価や品質の善し悪しに影響する。筆者は、「よい工具」を選定あるいは開発できる知識、能力を持ち、そして「正しく使う」技術を習得している者が、工具技術者であると定義している。この本は、筆者が38年間にわたり研究と開発を担当してきた技術と、生産ラインで経験した加工技術をまとめたものである。機械工場で加工に関連する業務に2~3年従事した技術スタッフを対象に、工具技術の専門技術者を早期に養成することを目的に編集したものである。
工具学
治具・取付具実用図集
本書は、全世界 18か国 506工場で製作された、標準化されていない 1615点の図面が機能・機構などによって分類され採録されている。初心者にとってはもちろん、熟練した設計者にとっても価値のある、非常に重要な標準化されていないクランプ装置に関する資料は、ほとんどの場合、それぞれの工場の中に“死蔵”されていて、後進の目に触れないままでいた。しかしグラント氏は多くの困難を克服して、全世界から図面を集め整理し、自らペンを取って墨を入れ、クランプ装置の図集を完成させた。本書は、すでに実用化された治具・取付具から厳選した図集である。
治具・取付具実用図集
治具取付具の自動化図集
自動化の大きな部分を占める自動化治具について、現場の良き伴侶となるように難解な平面図はすべて立体図として紹介し、図でわからない部分は文書で解説。
さらに締金の基本として引出形の締金、早締め締金、傾斜形締金、掛金形の締金なども紹介。(図例147点)
治具取付具の自動化図集
このページの先頭へ戻る