ツールエンジニア 2018年新春特別1月号

数量
定価  2,000円  (税込)
商品コード: T201801
Tool Engineer
 月刊ツールエンジニアは1959年発行の斯界を代表する技術雑誌です。
 機械加工に携わる全ての技術者にとって必要な情報を「未来的視点」「現場の課題解決」「理論と実際の架け橋」を主眼におき編集しております。
 小物加工から大物加工、難削材加工や精密微細加工、また機械加工に付随する関連技術など、あらゆる最新テーマを毎月特集しております。
 ぜひとも貴社の技術力向上に「月刊ツールエンジニア」をお役立て下さい。


Keyword
機械加工、工作機械、切削工具、研削工具、ツーリング、治具、バリ取り、精密測定、CAD/CAM

特集:鉄道システムを支える機械技術

●構造最適化技術を活用した車両構体
  プレス成型体の新しい構体構造
  鉄道総合技術研究所 鉄道力学研究部 計算力学研究室 高垣昌和
●アクティブパンタグラフと
  集電系ハイブリッドシミュレーション手法
  鉄道総合技術研究所 鉄道力学研究部 集電力学研究室 山下義隆
●鉄道試験線を用いた脱線しにくい
  台車の走行試験 乗り上がり脱線に対する安全性の向上
  鉄道総合技術研究所 鉄道力学研究部 車両力学研究室 鈴木 貢
●鉄道分野の国際標準化
  鉄道総合技術研究所 鉄道国際規格センター 関 清隆
●鉄道総合技術研究所
  鉄道の革新的な技術を創出,豊かな社会の実現に貢献
  鉄道総合技術研究所     総務部 広報 柿嶋秀史
●鉄道車両台車efWING の開発と実用化
  主構造部にCFRP を使用した台車
  川崎重工業・車両カンパニー 佐野行拓 鴻池史一
●鉄道用レール 静かなロングレールの普及と輸送システム
  編集部
●鉄道信号保安装置
  -安全運行を支える機材とその製作 (続)-
  林総事 林 源
●鉄道レールの切削加工
  ワルタージャパン 江越保博
●鉄道における分岐器システムの最新技術
  レール軌道の方向を分離するポイント
  大和軌道製造 山本智之
●金属表面のレーザクリーニング装置の応用と事例
  鉄道分野におけるメインテナンスに有効
  NK ワークス 渡邊将司
●鉄道ドアの挟まれ反転荷重計測
  東陽テクニカ 鈴木 敦
●安全特殊作業工具
  拡がる活躍,鉄道・電力・通信分野へ
  永木精機 永木祥弘 倉石 勝 西條直樹 辻 博明
●蒸気機関車 C53に見る国産化技術の歴史的展開
  [1] 蒸気機関車における機関要部の鋳造技術66
  [2] C53 における主動輪の釣合法72
  [3] 蒸気機関車における駆動力の伝達ならびに支持機構75
  [4] クランク車軸の設計……製造法と素材82
  [5] 戦後における蒸気機関車の開発88
  [6] 車両限界と3 気筒機関車……日本における蒸気機関車開発90
  ■むすびにかえて92
  大阪市立大学 坂上茂樹
●鉄道と計測技術 車輛製造と軌道敷設・保守
  上野 滋
●大阪の堺市にあった車両メーカー梅鉢鐵工所の120年
  編集部

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
切削加工に携わるサラリーマンの必読書。
工場に勤務する「ごく普通のサラリーマン」の著者が、
教科書には載っていない「切削の裏技」をいざ開陳!

また、思わず共感の「切削エッセイ」16篇を収録!
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
鉄道車両と設計技術 復刻版
<主要目次>
第1章 鉄道車両の運動力学
第2章 車体設計
第3章 動力と動力伝達装置
第4章 走り装置およびその他の機器
第5章 制御システム
鉄道車両と設計技術 復刻版
Myフライス盤をつくる
近ごろ、低価格な3次元プリンタやフリーウエアの3次元CADの登場により、個人でも手軽にモノづくりにチャレンジできる環境が、整いつつあります。本書で扱うNCフライス盤も例外ではなく、個人でも自作が可能なのです。
 本書は、個人が趣味としてNCフライス盤を製作できるよう、一から体系立てたガイドとして単行本にまとめたものです。
 単にNCフライス盤を試作するのではなく、機械の仕組みや、材料や部品の選択、精度を上げるコツなど、できるだけ多くの情報を、整理してまとめて掲載しています。 一つ一つには理由があり、それらについて順を追って説明しています。できるだけ多くの人に理解できるように、専門的な用語はできるだけ避け、やむを得ず使う場合は、語句の説明を前置きしています。
 仕組みが理解できれば、本書で紹介したフライス盤に捕らわれず、それぞれの独自のアイデアにしたがって、必要とするスペックの加工機を、自由に設計できることでしょう。
Myフライス盤をつくる
このページの先頭へ戻る