• HOME
  • > 理工学書
  • > 切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル

切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル

数量
定価  2,160円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-727-9
切削加工に携わるサラリーマンの必読書。

工場に勤務する「ごく普通のサラリーマン」の著者が、教科書には載っていない「切削の裏技」をいざ開陳!

また、思わず共感の「切削エッセイ」16篇を収録!

切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル

第1章 切削って何?
第2章 お前はバカかエピソード
第3章 月日が経てばバカは常識になる
第4章 切込みは少ない方が良いというのは嘘八百
第5章 加工はトータルバランス(アンバランスが命取り
補足資料 施削加工における12のポイント
第6章 加工設備(工作機械)、大は小を兼ねない
第7章 材料特性を知らずに加工するのは愚か者
第8章 削り屋は五感を使って仕事せよ
第9章 切り屑を制するものは切削加工を制す
第10章 職人は見えないところで一工夫
第11章 切削に「より良い」はあるが、「これで良い」(完璧)はない
第12章 薄くて高い壁は倒れ易い
第13章 たかが水されど水
第14章 抜けバリは角に出る。角をたてると腹も立つ。
第15章 面粗さ、理論と実際は倍違う。理論値をそのまま使うな!
第16章 何とかと刃物は使いよう、刃具選定理由を明確にせよ。
補足資料 刃具選定の基準となる項目と手順
第17章 刃物は人に向けたら凶器、自分に向けよ。
第18章 設備の振動は体調不良の前兆。定期検診が予防の要。
第19章 隅R、喧嘩の火種は図面から。機能を知ることが大事。
第20章 ツールホルダ、突き出し長けりゃ撓みは増すよ。
第21章 知ってるつもりで見落とすのが芯高
補足資料 バイト芯高確認
第22章 シリカ入り樹脂と鉄(SPCC)の同時切削。さて刃具は何使う?
第23章 超硬ドリルの寿命はコーティング有無で大きく変わる
補足資料 再研削・ノンコート品の性能
補足資料 ドリルの損傷について
第24章 チャックしないで旋削加工するには?
第25章 ゆりかごから墓場までの覚悟で設備は入れるべし
第26章 加工時間短縮! リり屑が出ている時間以外はムダと心得よ!
第27章 加工時間短縮と刃具寿命アップは犬猿の仲
第28章 ライン設備はネックを知れ。木だけ見るな森を見よ!
第29章 世の中、万物が師である。遊びの中にもヒントがある。
第30章 人生、見たり聞いたり試したり。試すことで自分のものとせよ!


<切削エッセイ「おっさんの独り言」>
・さすが今の子、出てくる言葉に???
・加工職場の生と死
・あなたにとっての価値とは何?
・考えることを忘れたら明日はない、先を読め
・自分の道は自分で決めるのがだいじ
・喧嘩は修羅場を潜り抜けて来たやつが一番強い
・無から有を生み出せる、夢を現実にできるのが人間
・事実を知らずして構想を語るな
・「刃物おたく」? どうせなら「切り屑の魔術師」と呼んで!
・自分が自分であるために
・相棒はだいじにせーよ
・所詮この世は理不尽にできている。それを嘆くか? それとも変えるか?
・現場の笑顔が皆を幸せにしてくれる
・ほんとうの親切って何?
・前後の工程を知らないと切削バカにはなれない
・最後に一言

筆者紹介

山下 誠
自動車部品メーカーで切削加工に従事。また、工作機械・切削工具・計測機器などの設備や諸資材の選定・検証・導入にも携わる。社内では通常業務の傍ら、社内研修の講師や、工場新設時のライン設計なども行う。後輩からの人望は厚いが、出世の見込みは薄い、ごく普通のサラリーマン。
1年間の約3割は海外工場の技術支援のため、10か国以上へ出張している。

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

古建築の細部意匠
法隆寺、日光東照宮、東大寺等300におよぶ神社、仏閣をとりあげ、世界に誇る日本の古建築を観賞の立場から斗組、蟇股・妻飾木鼻・虹梁などを豊富な図版と写真で詳細に解説している。
また建築の構造、様式の時代的な変遷を建築史の立場からもとらえている。 
古建築の細部意匠
ヘリコプターは面白い
メカニズムから飛行の原理、そして操縦方法まで、現役パイロットがヘリコプターの魅力のすべてを教える「大河ホビー」シリーズの第一弾。実際のフライト体験やライセンスの取りかた、新型ヘリの写真も多数収録、現代最高のマシンの全容をあますところなく紹介している。
ヘリコプターは面白い
鉾立と細部意匠 - 祇園祭の鉾と山
京都には、定例で行なわれる祭として、春の葵祭、夏の祇園祭、秋の時代祭が ある。どれも長い行列が巡行する点では共通しているが、祇園祭は平安時代にさかのぼり、年中行事絵巻にもその情景が描かれている。祇園祭に使用する鉾や山は、重要な民俗資料として、京都とともに育ち、栄え、守り伝えられてきたもので、鉾や山は、民俗資料として現在も生きている行事として継承されてきた。しかもそのなかで歴史の古さ、規模の大きさ(行事の期間や出しモノの壮麗さ)、さらに美術的な高さ、文化財としての優秀さなどについては、祇園祭は日本でも最高の地位を占めるもののひとつである。 
 京都の町屋を背景として展開する祇園祭は、町衆、庶民を中心にした催事であることが、同じ京の祭でも葵祭などとは性格が異なる。鉾や山の出る町を鉾 町というが、それぞれの鉾や山は鉾町の住民によってつくられ、守られ、曳きまわされ、住民はそれを誇りとしてきた。祇園祭は鉾や山だけを見るものではなく、先祖伝来の屏風やそれを置く場として、また鉾・山の背景となり、巡行のときの見物席ともなる町屋それ自体も、ともに見るべきものである。
鉾立と細部意匠 - 祇園祭の鉾と山
このページの先頭へ戻る