スマートグリッド2017年1月号

数量
定価  2,100円  (税込)
商品コード: S201701
特集:
スマートグリッドと
  電気自動車の接点

特集:スマートグリッドと電気自動車の接点

=巻頭言=
■スマートグリッドと電気自動車
 熊本大学/松田 俊郎

=解 説=
■電気自動車へのこれまでの取組と将来への期待
 東京電力ホールディングス株式会社/篠田 幸男

■電気自動車と再生可能エネルギーの協調
 東京都市大学/太田 豊

■スマートグリッドの構成要素としての超小型EV?Ha:mo の取り組み
 トヨタ自動車株式会社/早田 敏也

■電気自動車「フィットEV」とV2H 技術「HSHS」
 本田技研工業株式会社/椛澤 明

<研究紹介>
■近隣の太陽光発電システムの発電電力の比較による異常検知
 東京理科大学/近藤 潤次,亀田 裕介

<製品と技術>
■光ファイバ測定器を用いた風力発電タービンブレードの多点計測
 株式会社共和電業/津田 仁

■超長寿命サイクル・サービス用鉛蓄電池の商品化
 株式会社GSユアサ/前田 真之,村上 清彦,山内 大樹

■電力ピークカット機能付きパワーコンディショナの開発
 山洋電気株式会社/小林 隆

■再生可能エネルギーとの協調を目指したエネルギーシステムのあり方
 東京ガス株式会社/進士 誉夫

<資料>
■スマートファシリティー設備の雷被害とその対策
 株式会社昭電/柳川 俊一

■クラスⅡ試験対応SPD 用バックアップ分離器
 株式会社サンコーシヤ/山田 康春

<連載>Industrial IoT と計測・制御で実現する工場とコミュニティのエネルギー最適利用(第1回)
■パリ協定の目標達成のための日本の施策と国際標準化
 一般社団法人 日本電気計測器工業会/澤田 充弘,石隈 徹

keywords

●電力系統 ●発電技術 ●送配電技術
●計測制御 ●ICT    ●蓄電システム
●資材調達 ●電力市場 ●低炭素社会

 本誌はスマートグリッドに関する我が国唯一の技術雑誌です。
 電力の安全・安心な供給と低炭素社会の実現に向け、スマートグリッドの意義はますます重要になっております。
 極めて高度かつ広範な技術が関係する為、発電技術や情報通信技術をはじめ、様々な技術分野の研究開発を産学が一体となって推進する必要があります。
 本誌は毎号時宜に応じた特集を組み、各分野の第一線で活躍する研究者・技術者の執筆による解説記事を掲載します。また、技術資料、事例報告、業界動向なども掲載、スマートグリッドに関する技術情報の提供により斯界の発展に貢献します。

定期購読キャンペーン実施中

*定期購読(季刊・年4回発行)年額7,600円(税込・送料込)
*定期購読お申込書 |PDF|

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

古建築の細部意匠
法隆寺、日光東照宮、東大寺等300におよぶ神社、仏閣をとりあげ、世界に誇る日本の古建築を観賞の立場から斗組、蟇股・妻飾木鼻・虹梁などを豊富な図版と写真で詳細に解説している。
また建築の構造、様式の時代的な変遷を建築史の立場からもとらえている。 
古建築の細部意匠
ヘリコプターは面白い
メカニズムから飛行の原理、そして操縦方法まで、現役パイロットがヘリコプターの魅力のすべてを教える「大河ホビー」シリーズの第一弾。実際のフライト体験やライセンスの取りかた、新型ヘリの写真も多数収録、現代最高のマシンの全容をあますところなく紹介している。
ヘリコプターは面白い
鉾立と細部意匠 - 祇園祭の鉾と山
京都には、定例で行なわれる祭として、春の葵祭、夏の祇園祭、秋の時代祭が ある。どれも長い行列が巡行する点では共通しているが、祇園祭は平安時代にさかのぼり、年中行事絵巻にもその情景が描かれている。祇園祭に使用する鉾や山は、重要な民俗資料として、京都とともに育ち、栄え、守り伝えられてきたもので、鉾や山は、民俗資料として現在も生きている行事として継承されてきた。しかもそのなかで歴史の古さ、規模の大きさ(行事の期間や出しモノの壮麗さ)、さらに美術的な高さ、文化財としての優秀さなどについては、祇園祭は日本でも最高の地位を占めるもののひとつである。 
 京都の町屋を背景として展開する祇園祭は、町衆、庶民を中心にした催事であることが、同じ京の祭でも葵祭などとは性格が異なる。鉾や山の出る町を鉾 町というが、それぞれの鉾や山は鉾町の住民によってつくられ、守られ、曳きまわされ、住民はそれを誇りとしてきた。祇園祭は鉾や山だけを見るものではなく、先祖伝来の屏風やそれを置く場として、また鉾・山の背景となり、巡行のときの見物席ともなる町屋それ自体も、ともに見るべきものである。
鉾立と細部意匠 - 祇園祭の鉾と山
このページの先頭へ戻る