スマートグリット2016年10月号

数量
定価  2,100円  (税込)
商品コード: S201610
特集:
スマートグリッドと
    レジリエンス

特集:スマートグリッドとレジリエンス

=巻頭言=
■地域のレジリエンスとスマートグリッドの可能性
 明治大学/中林 一樹

=解 説=
■電力ネットワークとスマート・レジリエンス
 東京電力ホールディングス株式会社/矢田部 隆志

■ネットワークにおける災害対応の新しい考え方
 日本電信電話株式会社/斎藤 洋

■災害に強い自治体に向けて
 パシフィックコンサルタンツ株式会社/池本 玄

■データセンターにおける電気設備の災害対策
 株式会社関電工/佐藤 芳伸

■東日本大震災を受けた鉄道電力設備防災対策
 東日本旅客鉄道株式会社/加藤 修

<製品と技術>
■太陽光発電システムの不具合モジュール把握技術に関する検討
 株式会社ユアテック/佐藤 寿実

■アセットマネジメントに基づいた電気設備の保全費推定手法
 株式会社トーエネック/大島 誠一郎,小林 浩

■常時インバータ給電方式無停電電源装置
 株式会社三社電機製作所/吉川 大生

<資料>
■狭帯域電力線搬送通信(PLC)の概要と応用事例
 株式会社ブルーマウステクノロジー/三浦 武

<連載>気象庁データのスマートグリッドへの利活用(第4回)
■再生可能エネルギーのための気象予測データを利用した応用事例
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所(/ 気象庁気象研究所) 
 大竹 秀明

keywords

●電力系統 ●発電技術 ●送配電技術
●計測制御 ●ICT    ●蓄電システム
●資材調達 ●電力市場 ●低炭素社会

 本誌はスマートグリッドに関する我が国唯一の技術雑誌です。
 電力の安全・安心な供給と低炭素社会の実現に向け、スマートグリッドの意義はますます重要になっております。
 極めて高度かつ広範な技術が関係する為、発電技術や情報通信技術をはじめ、様々な技術分野の研究開発を産学が一体となって推進する必要があります。
 本誌は毎号時宜に応じた特集を組み、各分野の第一線で活躍する研究者・技術者の執筆による解説記事を掲載します。また、技術資料、事例報告、業界動向なども掲載、スマートグリッドに関する技術情報の提供により斯界の発展に貢献します。

定期購読キャンペーン実施中

*定期購読(季刊・年4回発行)年額7,600円(税込・送料込)
*定期購読お申込書 |PDF|

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

古建築の細部意匠
法隆寺、日光東照宮、東大寺等300におよぶ神社、仏閣をとりあげ、世界に誇る日本の古建築を観賞の立場から斗組、蟇股・妻飾木鼻・虹梁などを豊富な図版と写真で詳細に解説している。
また建築の構造、様式の時代的な変遷を建築史の立場からもとらえている。 
古建築の細部意匠
スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント
本書はエネルギーマネジメントなどスマートコミュニティの様々な技術を単なる読み物としてではなく、一歩踏み込み、技術的な観点からまとめたものでる。
 現在、スマートグリッドやスマートコミュニティに関する書籍は多数存在するが、本書は他の書籍と異なり、次の4つの特徴がある。
①スマートグリッドの発展形のスマートコミュニティに焦点を当てた。
②スマートコミュニティの機能を支える基盤技術であるエネルギー管理システムEMS(Energy Management System)について書かれた。
③スマートコミュニティに関係する広範囲な技術者をターゲットとして書かれた。
④従来のスマートグリッドやスマートコミュニティに関する書籍は一般向けの教養書であるため数式を省いているが、本書ではエネルギーネットワークに関する数式を必要に応じて記述した。
 本書が、スマートコミュニティをビジネス化するために働く個々の技術者の助けとなることを祈念するとともに、官民あげた取り組みによりスマートコミュニティが「インフラ輸出」の柱として本当の意味でビジネスとして展開されることを期待したい。
スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント
はじめての計測技術・基本
私たちは、物差し、はかりなどの測定具を毎日のように使っている。したがって計ることは我々の生活に極めて密着した行いであることに気がつく。本書では広範囲にわたる計測技術のなかから、今後の社会にとって重要な小型化、高精度化に大きく関係する計測技術、すなわち計ることのなかでも精度の高い、いわゆる「精密測定」を中心にやさしくお話する。


第0章 言葉の定義と「計」「測」
第1章 はかることの基本―度量衡とは
第2章 機械計測の範囲
第3章 長さの計測
第4章 形状の計測
第5章 機械計測に及ぼす他の量の計測
第6章 これからの機械計測 
はじめての計測技術・基本
このページの先頭へ戻る