• HOME
  • > 理工学書
  • > スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

数量
定価  4,320円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-652-4
スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

 本書はエネルギーマネジメントなどスマートコミュニティの様々な技術を単なる読み物としてではなく、一歩踏み込み、技術的な観点からまとめたものでる。
 現在、スマートグリッドやスマートコミュニティに関する書籍は多数存在するが、本書は他の書籍と異なり、次の4つの特徴がある。
①スマートグリッドの発展形のスマートコミュニティに焦点を当てた。
②スマートコミュニティの機能を支える基盤技術であるエネルギー管理システムEMS(Energy Management System)について書かれた。
③スマートコミュニティに関係する広範囲な技術者をターゲットとして書かれた。
④従来のスマートグリッドやスマートコミュニティに関する書籍は一般向けの教養書であるため数式を省いているが、本書ではエネルギーネットワークに関する数式を必要に応じて記述した。
 本書が、スマートコミュニティをビジネス化するために働く個々の技術者の助けとなることを祈念するとともに、官民あげた取り組みによりスマートコミュニティが「インフラ輸出」の柱として本当の意味でビジネスとして展開されることを期待したい。


<主要目次>
第1章 エネルギーネットワークとは
第2章 エネルギーマネジメントシステム
第3章 共通要素技術
第4章 デマンドレスポンス
第5章 CEMS
第6章 BEMS
第7章 FEMS
第8章 HEMS
第9章 EMS に関わる標準化の動向



■編者
スマートグリッド編集委員会
大賀 英治(富士電機)
荻田 能弘(東芝)
長田 雅史(ABB)
澤  敏之(日立製作所)
塚本 幸辰(三菱電機)

■監修
森  啓之(明治大学)
田村  滋(明治大学)
福山 良和(明治大学)

                                         
■執筆者
まえがき
森  啓之(明治大学)

第1章 
1.1 田村  滋(明治大学)、福山 良和(明治大学)
1.2 (同上) 
1.3 (同上)

第2章
2.1 田村  滋(明治大学)、福山 良和(明治大学)
2.2 (同上)
2.3 (同上)
2.4 (同上)

第3章 
3.1 加藤 丈佳(名古屋大学)
3.2 飯坂 達也(富士電機)
3.3 松井 哲郎(富士電機)
3.4 武田 賢治(日立製作所)
3.5 緒方 隆雄(東京ガス)

第4章
4.1 山口 順之(東京理科大学)
4.2 荻田 能弘(東芝)
4.3 (同上)

第5章
5.1 小島 康弘(三菱電機)、坂上 聡子(三菱電機)
5.2 (同上)
5.3 (同上)

第6章
6.1 小林 延久(日立製作所)
6.2 (同上)
6.3 (同上)
6.4 (同上)
6.5 (同上)
6.6 (同上)

第7章
7.1 白井 英登(富士電機)
7.2 (同上)
7.3 (同上)

第8章
8.1 荻本 和彦(東京大学)、池上 貴志(東京農工大学)
8.2 (同上)
8.3 (同上)

第9章
9.1 山口 順之(東京理科大学)
9.2 豊田 武二(豊田SI技術士事務所)
9.3 石隈 徹(アズビル)
9.4 正畑 康郎(エコーネットコンソーシアム)
9.5 齊藤 元伸(日立製作所)

おわりに 
田村  滋(明治大学)、福山 良和(明治大学)

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

古建築の細部意匠
法隆寺、日光東照宮、東大寺等300におよぶ神社、仏閣をとりあげ、世界に誇る日本の古建築を観賞の立場から斗組、蟇股・妻飾木鼻・虹梁などを豊富な図版と写真で詳細に解説している。
また建築の構造、様式の時代的な変遷を建築史の立場からもとらえている。 
古建築の細部意匠
匠のモノづくりとインダストリー4.0
ドイツの自動車産業では、10年後を見据えて業界として足並みをそろえながら、それぞれが役割を分担しながらインダストリー4.0を着実に進めている。いずれ日本の企業とも関わって対立することもあるだろう。
 日本の製造業も、顧客を指向した価値を起点とする「日本式インダストリー4.0」を構築し対抗すべきだろう。
匠のモノづくりとインダストリー4.0
工具学
切削加工では工具が必需品である。しかし、よい工具をいかに正く使えるかが、加工する部品の製造原価や品質の善し悪しに影響する。
 筆者は、「よい工具」を選定あるいは開発できる知識、能力を持ち、そして「正しく使う」技術を習得している者が、工具技術者であると定義している。工具技術者は、旋削、穴あけ、歯切り、研削など、膨大な技術領域の知識を深くしなければならない。
 そのために工具技術者を育成するためには、20年以上かかるのがごくあたりまえであり、経営者や管理者の悩みとなるところである。
 この本は、筆者が38年間にわたり研究と開発を担当してきた技術と、生産ラインで経験した加工技術をまとめたものである。機械工場で加工に関連する業務に2~3年従事した技術スタッフを対象に、工具技術の専門技術者を早期に養成することを目的に編集したものである。
工具学
このページの先頭へ戻る