• HOME
  • > 理工学書
  • > スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

数量
定価  4,320円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-652-4
スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

 本書はエネルギーマネジメントなどスマートコミュニティの様々な技術を単なる読み物としてではなく、一歩踏み込み、技術的な観点からまとめたものでる。
 現在、スマートグリッドやスマートコミュニティに関する書籍は多数存在するが、本書は他の書籍と異なり、次の4つの特徴がある。
①スマートグリッドの発展形のスマートコミュニティに焦点を当てた。
②スマートコミュニティの機能を支える基盤技術であるエネルギー管理システムEMS(Energy Management System)について書かれた。
③スマートコミュニティに関係する広範囲な技術者をターゲットとして書かれた。
④従来のスマートグリッドやスマートコミュニティに関する書籍は一般向けの教養書であるため数式を省いているが、本書ではエネルギーネットワークに関する数式を必要に応じて記述した。
 本書が、スマートコミュニティをビジネス化するために働く個々の技術者の助けとなることを祈念するとともに、官民あげた取り組みによりスマートコミュニティが「インフラ輸出」の柱として本当の意味でビジネスとして展開されることを期待したい。


<主要目次>
第1章 エネルギーネットワークとは
第2章 エネルギーマネジメントシステム
第3章 共通要素技術
第4章 デマンドレスポンス
第5章 CEMS
第6章 BEMS
第7章 FEMS
第8章 HEMS
第9章 EMS に関わる標準化の動向



■編者
スマートグリッド編集委員会
大賀 英治(富士電機)
荻田 能弘(東芝)
長田 雅史(ABB)
澤  敏之(日立製作所)
塚本 幸辰(三菱電機)

■監修
森  啓之(明治大学)
田村  滋(明治大学)
福山 良和(明治大学)

                                         
■執筆者
まえがき
森  啓之(明治大学)

第1章 
1.1 田村  滋(明治大学)、福山 良和(明治大学)
1.2 (同上) 
1.3 (同上)

第2章
2.1 田村  滋(明治大学)、福山 良和(明治大学)
2.2 (同上)
2.3 (同上)
2.4 (同上)

第3章 
3.1 加藤 丈佳(名古屋大学)
3.2 飯坂 達也(富士電機)
3.3 松井 哲郎(富士電機)
3.4 武田 賢治(日立製作所)
3.5 緒方 隆雄(東京ガス)

第4章
4.1 山口 順之(東京理科大学)
4.2 荻田 能弘(東芝)
4.3 (同上)

第5章
5.1 小島 康弘(三菱電機)、坂上 聡子(三菱電機)
5.2 (同上)
5.3 (同上)

第6章
6.1 小林 延久(日立製作所)
6.2 (同上)
6.3 (同上)
6.4 (同上)
6.5 (同上)
6.6 (同上)

第7章
7.1 白井 英登(富士電機)
7.2 (同上)
7.3 (同上)

第8章
8.1 荻本 和彦(東京大学)、池上 貴志(東京農工大学)
8.2 (同上)
8.3 (同上)

第9章
9.1 山口 順之(東京理科大学)
9.2 豊田 武二(豊田SI技術士事務所)
9.3 石隈 徹(アズビル)
9.4 正畑 康郎(エコーネットコンソーシアム)
9.5 齊藤 元伸(日立製作所)

おわりに 
田村  滋(明治大学)、福山 良和(明治大学)

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
切削加工に携わるサラリーマンの必読書。
工場に勤務する「ごく普通のサラリーマン」の著者が、
教科書には載っていない「切削の裏技」をいざ開陳!

また、思わず共感の「切削エッセイ」16篇を収録!
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
鉄道車両と設計技術 復刻版
<主要目次>
第1章 鉄道車両の運動力学
第2章 車体設計
第3章 動力と動力伝達装置
第4章 走り装置およびその他の機器
第5章 制御システム
鉄道車両と設計技術 復刻版
Myフライス盤をつくる
近ごろ、低価格な3次元プリンタやフリーウエアの3次元CADの登場により、個人でも手軽にモノづくりにチャレンジできる環境が、整いつつあります。本書で扱うNCフライス盤も例外ではなく、個人でも自作が可能なのです。
 本書は、個人が趣味としてNCフライス盤を製作できるよう、一から体系立てたガイドとして単行本にまとめたものです。
 単にNCフライス盤を試作するのではなく、機械の仕組みや、材料や部品の選択、精度を上げるコツなど、できるだけ多くの情報を、整理してまとめて掲載しています。 一つ一つには理由があり、それらについて順を追って説明しています。できるだけ多くの人に理解できるように、専門的な用語はできるだけ避け、やむを得ず使う場合は、語句の説明を前置きしています。
 仕組みが理解できれば、本書で紹介したフライス盤に捕らわれず、それぞれの独自のアイデアにしたがって、必要とするスペックの加工機を、自由に設計できることでしょう。
Myフライス盤をつくる
このページの先頭へ戻る