• HOME
  • > 理工学書
  • > スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

数量
定価  4,320円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-652-4
スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

スマートコミュニティのためのエネルギーマネジメント

 本書はエネルギーマネジメントなどスマートコミュニティの様々な技術を単なる読み物としてではなく、一歩踏み込み、技術的な観点からまとめたものでる。
 現在、スマートグリッドやスマートコミュニティに関する書籍は多数存在するが、本書は他の書籍と異なり、次の4つの特徴がある。
①スマートグリッドの発展形のスマートコミュニティに焦点を当てた。
②スマートコミュニティの機能を支える基盤技術であるエネルギー管理システムEMS(Energy Management System)について書かれた。
③スマートコミュニティに関係する広範囲な技術者をターゲットとして書かれた。
④従来のスマートグリッドやスマートコミュニティに関する書籍は一般向けの教養書であるため数式を省いているが、本書ではエネルギーネットワークに関する数式を必要に応じて記述した。
 本書が、スマートコミュニティをビジネス化するために働く個々の技術者の助けとなることを祈念するとともに、官民あげた取り組みによりスマートコミュニティが「インフラ輸出」の柱として本当の意味でビジネスとして展開されることを期待したい。


<主要目次>
第1章 エネルギーネットワークとは
第2章 エネルギーマネジメントシステム
第3章 共通要素技術
第4章 デマンドレスポンス
第5章 CEMS
第6章 BEMS
第7章 FEMS
第8章 HEMS
第9章 EMS に関わる標準化の動向



■編者
スマートグリッド編集委員会
大賀 英治(富士電機)
荻田 能弘(東芝)
長田 雅史(ABB)
澤  敏之(日立製作所)
塚本 幸辰(三菱電機)

■監修
森  啓之(明治大学)
田村  滋(明治大学)
福山 良和(明治大学)

                                         
■執筆者
まえがき
森  啓之(明治大学)

第1章 
1.1 田村  滋(明治大学)、福山 良和(明治大学)
1.2 (同上) 
1.3 (同上)

第2章
2.1 田村  滋(明治大学)、福山 良和(明治大学)
2.2 (同上)
2.3 (同上)
2.4 (同上)

第3章 
3.1 加藤 丈佳(名古屋大学)
3.2 飯坂 達也(富士電機)
3.3 松井 哲郎(富士電機)
3.4 武田 賢治(日立製作所)
3.5 緒方 隆雄(東京ガス)

第4章
4.1 山口 順之(東京理科大学)
4.2 荻田 能弘(東芝)
4.3 (同上)

第5章
5.1 小島 康弘(三菱電機)、坂上 聡子(三菱電機)
5.2 (同上)
5.3 (同上)

第6章
6.1 小林 延久(日立製作所)
6.2 (同上)
6.3 (同上)
6.4 (同上)
6.5 (同上)
6.6 (同上)

第7章
7.1 白井 英登(富士電機)
7.2 (同上)
7.3 (同上)

第8章
8.1 荻本 和彦(東京大学)、池上 貴志(東京農工大学)
8.2 (同上)
8.3 (同上)

第9章
9.1 山口 順之(東京理科大学)
9.2 豊田 武二(豊田SI技術士事務所)
9.3 石隈 徹(アズビル)
9.4 正畑 康郎(エコーネットコンソーシアム)
9.5 齊藤 元伸(日立製作所)

おわりに 
田村  滋(明治大学)、福山 良和(明治大学)

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

古建築の細部意匠
法隆寺、日光東照宮、東大寺等300におよぶ神社、仏閣をとりあげ、世界に誇る日本の古建築を観賞の立場から斗組、蟇股・妻飾木鼻・虹梁などを豊富な図版と写真で詳細に解説している。
また建築の構造、様式の時代的な変遷を建築史の立場からもとらえている。 
古建築の細部意匠
ヘリコプターは面白い
メカニズムから飛行の原理、そして操縦方法まで、現役パイロットがヘリコプターの魅力のすべてを教える「大河ホビー」シリーズの第一弾。実際のフライト体験やライセンスの取りかた、新型ヘリの写真も多数収録、現代最高のマシンの全容をあますところなく紹介している。
ヘリコプターは面白い
鉾立と細部意匠 - 祇園祭の鉾と山
京都には、定例で行なわれる祭として、春の葵祭、夏の祇園祭、秋の時代祭が ある。どれも長い行列が巡行する点では共通しているが、祇園祭は平安時代にさかのぼり、年中行事絵巻にもその情景が描かれている。祇園祭に使用する鉾や山は、重要な民俗資料として、京都とともに育ち、栄え、守り伝えられてきたもので、鉾や山は、民俗資料として現在も生きている行事として継承されてきた。しかもそのなかで歴史の古さ、規模の大きさ(行事の期間や出しモノの壮麗さ)、さらに美術的な高さ、文化財としての優秀さなどについては、祇園祭は日本でも最高の地位を占めるもののひとつである。 
 京都の町屋を背景として展開する祇園祭は、町衆、庶民を中心にした催事であることが、同じ京の祭でも葵祭などとは性格が異なる。鉾や山の出る町を鉾 町というが、それぞれの鉾や山は鉾町の住民によってつくられ、守られ、曳きまわされ、住民はそれを誇りとしてきた。祇園祭は鉾や山だけを見るものではなく、先祖伝来の屏風やそれを置く場として、また鉾・山の背景となり、巡行のときの見物席ともなる町屋それ自体も、ともに見るべきものである。
鉾立と細部意匠 - 祇園祭の鉾と山
このページの先頭へ戻る