スマートグリット2016年7月号

数量
定価  2,100円  (税込)
商品コード: S201607
特集:
スマートグリッドと
電力品質

特集:スマートグリッドと電力品質

=巻頭言=
■スマートグリッドと電力品質
 広島大学/餘利野 直人

=解 説=
■アンシラリーサービスの動向
 一般財団法人 電力中央研究所/坂東 茂

<製品と技術>
■IEC TC65国際標準化の最新動向
 国際電気標準会議/笹嶋 久

■高調波電流比較による変圧器内部故障検出装置の開発
 一般財団法人 東北電気保安協会/佐藤 直之

■高圧電気設備における地絡電流(Igr)検出方法について
 一般財団法人 関西電気保安協会/井上 善和

■小形風力発電の型式認証実績と規格の動向
 一般財団法人 日本海事協会/佐々木 千一

■大規模研究施設におけるスマートエネルギーシステム
 株式会社大林組/小島 義包,小山 岳登

■大型複合ビル群におけるエネルギー消費量の実態調査
 三菱地所株式会社/上田 早紀
 株式会社三菱地所設計/中澤 功

<資料>
■低圧太陽光発電施設における遠隔電力監視装置
 株式会社ムサシインテック/呉 久治

■多様な蓄電器を活用したパワーマネジメント装置
 株式会社指月電機製作所/相河 浩之

■連載:気象庁データのスマートグリッドへの利活用(第3回)
 気象予報モデルの予測誤差
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所(/気象庁気象研究所) 
 大竹 秀明

keywords

●電力系統 ●発電技術 ●送配電技術
●計測制御 ●ICT   ●蓄電システム
●資材調達 ●電力市場 ●低炭素社会

 本誌はスマートグリッドに関する我が国唯一の技術雑誌です。
 電力の安全・安心な供給と低炭素社会の実現に向け、スマートグリッドの意義はますます重要になっております。
 極めて高度かつ広範な技術が関係する為、発電技術や情報通信技術をはじめ、様々な技術分野の研究開発を産学が一体となって推進する必要があります。
 本誌は毎号時宜に応じた特集を組み、各分野の第一線で活躍する研究者・技術者の執筆による解説記事を掲載します。また、技術資料、事例報告、業界動向なども掲載、スマートグリッドに関する技術情報の提供により斯界の発展に貢献します。

定期購読キャンペーン実施中

*定期購読(季刊・年4回発行)年額7,600円(税込・送料込)
*定期購読お申込書 |PDF|

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
切削加工に携わるサラリーマンの必読書。
工場に勤務する「ごく普通のサラリーマン」の著者が、
教科書には載っていない「切削の裏技」をいざ開陳!

また、思わず共感の「切削エッセイ」16篇を収録!
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
鉄道車両と設計技術 復刻版
<主要目次>
第1章 鉄道車両の運動力学
第2章 車体設計
第3章 動力と動力伝達装置
第4章 走り装置およびその他の機器
第5章 制御システム
鉄道車両と設計技術 復刻版
Myフライス盤をつくる
近ごろ、低価格な3次元プリンタやフリーウエアの3次元CADの登場により、個人でも手軽にモノづくりにチャレンジできる環境が、整いつつあります。本書で扱うNCフライス盤も例外ではなく、個人でも自作が可能なのです。
 本書は、個人が趣味としてNCフライス盤を製作できるよう、一から体系立てたガイドとして単行本にまとめたものです。
 単にNCフライス盤を試作するのではなく、機械の仕組みや、材料や部品の選択、精度を上げるコツなど、できるだけ多くの情報を、整理してまとめて掲載しています。 一つ一つには理由があり、それらについて順を追って説明しています。できるだけ多くの人に理解できるように、専門的な用語はできるだけ避け、やむを得ず使う場合は、語句の説明を前置きしています。
 仕組みが理解できれば、本書で紹介したフライス盤に捕らわれず、それぞれの独自のアイデアにしたがって、必要とするスペックの加工機を、自由に設計できることでしょう。
Myフライス盤をつくる
このページの先頭へ戻る