工具学

数量
定価  9,990円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-007-2
工具学 

宮崎 勝実・著

工具学

 切削加工では工具が必需品である。しかし、よい工具をいかに正く使えるかが、加工する部品の製造原価や品質の善し悪しに影響する。
 筆者は、「よい工具」を選定あるいは開発できる知識、能力を持ち、そして「正しく使う」技術を習得している者が、工具技術者であると定義している。工具技術者は、旋削、穴あけ、歯切り、研削など、膨大な技術領域の知識を深くしなければならない。
 そのために工具技術者を育成するためには、20年以上かかるのがごく普通であり、経営者や管理者の悩みとなるところである。
 この本は、筆者が38年間にわたり研究と開発を担当してきた技術と、生産ラインで経験した加工技術をまとめたものである。機械工場で加工に関連する業務に2~3年従事した技術スタッフを対象に、工具技術の専門技術者を早期に養成することを目的に編集したものである。



主要目次

第1章 工具技術者の使命
第2章 実践的工具技術
第3章 今後の検討事項 
第4章 工具管理部門の運営
第5章 技術資料
第6章 演習問題

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

エアクラフト・プロダクション・テクノロジー
ジェットエンジンを含む現代航空機の生産技術について、材料、機械加工、表面処理、板金格好、組立、検査試験、生産計画までを体系的に解説、この分野でに関わる技術者が知っておくべき専門知識を網羅しており、世界的にも類書のない貴重な文献である。
エアクラフト・プロダクション・テクノロジー
航空機&ロケットの生産技術
航空機やヘリコプター、ロケットの機体製造に不可欠な生産技術を纏めた他に類を見ない書。
執筆陣はアメリカ航空宇宙産業を代表する専門技術者グループで、機体組立用治具や組立法、特殊加工や各種材料の取り扱い方など製造に関する実用技術を詳細に解説。
航空機&ロケットの生産技術
ヘリコプターは面白い
メカニズムから飛行の原理、そして操縦方法まで、現役パイロットがヘリコプターの魅力のすべてを教える「大河ホビー」シリーズの第一弾。実際のフライト体験やライセンスの取りかた、新型ヘリの写真も多数収録、現代最高のマシンの全容をあますところなく紹介している。
ヘリコプターは面白い
このページの先頭へ戻る