工具学

数量
定価  9,990円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-007-2
工具学 

宮崎 勝実・著

工具学

 切削加工では工具が必需品である。しかし、よい工具をいかに正く使えるかが、加工する部品の製造原価や品質の善し悪しに影響する。
 筆者は、「よい工具」を選定あるいは開発できる知識、能力を持ち、そして「正しく使う」技術を習得している者が、工具技術者であると定義している。工具技術者は、旋削、穴あけ、歯切り、研削など、膨大な技術領域の知識を深くしなければならない。
 そのために工具技術者を育成するためには、20年以上かかるのがごく普通であり、経営者や管理者の悩みとなるところである。
 この本は、筆者が38年間にわたり研究と開発を担当してきた技術と、生産ラインで経験した加工技術をまとめたものである。機械工場で加工に関連する業務に2~3年従事した技術スタッフを対象に、工具技術の専門技術者を早期に養成することを目的に編集したものである。



主要目次

第1章 工具技術者の使命
第2章 実践的工具技術
第3章 今後の検討事項 
第4章 工具管理部門の運営
第5章 技術資料
第6章 演習問題

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

NCフライス加工入門
待望の入門書・すぐに役立つ教科書・副読本
初心者からベテランまで 納得の基礎項目を網羅

[目 次]
第1章 フライス盤入門
第2章 NCプログラムのつくりかた
第3章 NC フライス加工の実習
第4章 マシニングセンタによる加工
第5章 機械の運転
第6章 カスタムマクロ入門
NCフライス加工入門
古建築の細部意匠
[本編内容]
法隆寺、日光東照宮、東大寺等300におよぶ神社、仏閣をとりあげ、世界に誇る日本の古建築を観賞の立場から斗組、蟇股・妻飾木鼻・虹梁などを豊富な図版と写真で詳細に解説している。
また建築の構造、様式の時代的な変遷を建築史の立場からもとらえている。 
古建築の細部意匠
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
切削加工に携わるサラリーマンの必読書。

工場に勤務する「ごく普通のサラリーマン」の著者が、教科書には載っていない
「切削の裏技」をいざ開陳!
また、思わず共感の「切削エッセイ」16篇を収録!
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
このページの先頭へ戻る