改訂版 金属組織の現出と試料作製の基本

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
定価  4,400円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-817-7
■在庫切れ■


[編著]
材料技術教育研究会

[監修担当者]
梅澤 修
横浜国立大学

山本 卓
山本科学工具研究社

改訂版 金属組織の現出と試料作製の基本

 材料技術教育研究会は、金属組織に何らかの関わりを持たれる方々が、金属組織を正しく理解し、それぞれの課題を読み解く能力を養う一助となるべく活動を続けております。
 本書は、金属組織観察において最も苦労する、顕微鏡により組織観察を行うに当たって最も確かな組織を見いだすための検鏡試料の作製、すなわち、検鏡面の磨きとエッチングについて、その手法を中心に解説することを目的に発刊いたしました。
 また、近年の組織観察技術の進歩を取り入れるなど、これ1冊で金属組織の現出と試料作製の基本を俯瞰できる内容となっております。
 金属組織について学ぶ者、仕事に不可欠な者、教える者、の必携書です。

[主要目次]
第1章 金属組織と試料の作り方概説
第2章 鉄鋼材料
第3章 非鉄金属材料
第4章 セラミックス
第5章 めっき皮膜
第6章 熱処理による表面改質層
第7章 溶射皮膜
第8章 PVD・CVD 皮膜
第9章 レプリカ法(スンプ法)
第10章 顕微鏡組織標準片の仕上げと組織の現出
第11章 機器分析用研磨面作成の留意点


■材料技術教育研究会
  講習会「組織検査用試料の作り方(組織の現出)」テキスト
                         


.

「金属組織の現出と試料作製の基本」初版回収交換のお知らせ

「金属組織の現出と試料作製の基本」初版回収交換のお知らせ

 標記初版につきましては、執筆担当者のお申し出を受け、材料技術教育研究会が訂正を行った改訂版により、弊社が回収・交換させて頂くこととなりました。初版をお持ちの方には、これを訂正済み「改訂版」に交換させて頂きます。つきましては、お手数をおかけ致しますが「改訂版お送り先記入用紙」をダウンロードし、必要事項を全てご記入の上、「初版」と共に当社まで着払いにてお送り下さい。
 受領後、直ちに当方の負担にて改訂版をお送り申し上げます。お手数をおかけし大変恐縮に存じますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

*改訂版お送り先記入用紙 |PDF|


※万一、必要事項に漏れや判読不明箇所などがございますと、改訂版をお手許にお届けできないこともございますので、ご記入には十分ご注意頂きたくお願い申し上げます。

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

古建築の細部意匠
法隆寺、日光東照宮、東大寺等300におよぶ神社、仏閣をとりあげ、世界に誇る日本の古建築を観賞の立場から斗組、蟇股・妻飾木鼻・虹梁などを豊富な図版と写真で詳細に解説している。
また建築の構造、様式の時代的な変遷を建築史の立場からもとらえている。
古建築の細部意匠
精密の歴史
私達が当たり前に使っている道具は、どのようにして生まれ、発展してきたのか。
本書は、これらをルーツとする精密工学の起源を探り、その技術的、社会的進歩をたどりながら、精度の概念、時間、長さ、真の平面等々を説き明かす。
精密の歴史
機械発達史
本書は、機械文明の光の部分のみならず、その影の部分へも思考の焦点をあて、機械技術者だけでなく、一般の人々も読者対象とした教養書。
主な内容は、 技術の芽生え 産業革命 動力の進歩 電気の利用 管理法の提案 大量生産 
省力化自然破壊など。
機械発達史
このページの先頭へ戻る