• HOME
  • > 理工学書
  • > ターニングセンタのNCプログラミング入門

ターニングセンタのNCプログラミング入門

数量
定価  4,400円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-555-8 C3053
金属の丸棒を切削するNC旋盤は,X,Zの2つの制御軸をプログラムして,3次元の回転対称となる形状ワークをバイトやドリルで削り出す切削加工機である.旋盤ベースの複合切削加工機をターニングセンタと呼ぶが,NC旋盤の回転工具機能だけではなく,3軸フライス加工や中心線上の穴あけ加工に回転工具を使用するために,Y軸機能が付加されている.工具が回転するフライス加工に必要な機能は,Y軸機能により使いやすくなり,精度も出しやすい.NCフライス盤からATCマガジンを装備したマシニングセンタに展開したように,NC旋盤から進化したマシンがターニングセンタにである.この本ではターニングセンタとして,DMG森精機の「NT3200DCG」を取上げて,NC旋盤からの進化のステップと加工法を解説したものである.

主な内容
第1章 ターニングセンタの構成と機能
第2章 旋削工具と切削条件
第3章 回転工具の種類と切削条件
第4章 座標軸と座標系
第5章 NCプログラミングの基礎
第6章 基本的な移動指令
第7章 刃先R補正
第8章 工具径補正機能
第9章 いろいろな加工法
第10章 旋削加工のねじ切り
第11章 固定サイクル
第12章 NC加工プログラムの作成例
第13章 加工の段取り
参考文献/索引
カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

古建築の細部意匠
法隆寺、日光東照宮、東大寺等300におよぶ神社、仏閣をとりあげ、世界に誇る日本の古建築を観賞の立場から斗組、蟇股・妻飾木鼻・虹梁などを豊富な図版と写真で詳細に解説している。
また建築の構造、様式の時代的な変遷を建築史の立場からもとらえている。
古建築の細部意匠
精密の歴史
私達が当たり前に使っている道具は、どのようにして生まれ、発展してきたのか。
本書は、これらをルーツとする精密工学の起源を探り、その技術的、社会的進歩をたどりながら、精度の概念、時間、長さ、真の平面等々を説き明かす。
精密の歴史
機械発達史
本書は、機械文明の光の部分のみならず、その影の部分へも思考の焦点をあて、機械技術者だけでなく、一般の人々も読者対象とした教養書。
主な内容は、 技術の芽生え 産業革命 動力の進歩 電気の利用 管理法の提案 大量生産 
省力化自然破壊など。
機械発達史
このページの先頭へ戻る