• HOME
  • > 理工学書
  • > ターニングセンタのNCプログラミング入門

ターニングセンタのNCプログラミング入門

数量
定価  4,400円  (税込)
商品コード: ISBN978-4-88661-555-8 C3053
金属の丸棒を切削するNC旋盤は,X,Zの2つの制御軸をプログラムして,3次元の回転対称となる形状ワークをバイトやドリルで削り出す切削加工機である.旋盤ベースの複合切削加工機をターニングセンタと呼ぶが,NC旋盤の回転工具機能だけではなく,3軸フライス加工や中心線上の穴あけ加工に回転工具を使用するために,Y軸機能が付加されている.工具が回転するフライス加工に必要な機能は,Y軸機能により使いやすくなり,精度も出しやすい.NCフライス盤からATCマガジンを装備したマシニングセンタに展開したように,NC旋盤から進化したマシンがターニングセンタにである.この本ではターニングセンタとして,DMG森精機の「NT3200DCG」を取上げて,NC旋盤からの進化のステップと加工法を解説したものである.

主な内容
第1章 ターニングセンタの構成と機能
第2章 旋削工具と切削条件
第3章 回転工具の種類と切削条件
第4章 座標軸と座標系
第5章 NCプログラミングの基礎
第6章 基本的な移動指令
第7章 刃先R補正
第8章 工具径補正機能
第9章 いろいろな加工法
第10章 旋削加工のねじ切り
第11章 固定サイクル
第12章 NC加工プログラムの作成例
第13章 加工の段取り
参考文献/索引
カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

金属組織観察のための検鏡試料の作り方
金属組織観察において最も苦労するのは,光学顕微鏡により組織観察を行うに当たって最も確かな組織を見いだすための検鏡試料の作製,すなわち,検鏡面の磨きとエッチングである.本書では,その手法を中心に解説している.
 金属組織について学ぶ方,仕事に不可欠な方,教える方,それぞれの立場においてご活用いただだきたい
金属組織観察のための検鏡試料の作り方
Myフライス盤をつくる
<主要目次>
0章 Myフライス盤をつくる
1章 NCフライス盤の制御機構
2章 NC装置(コントロールユニット)の構成
3章 NCユニットの製作
4章 NCフライス盤の設計
5章 フライス盤の本体を設計する
6章 安全カバー付き作業台をつくる
7章 フライス盤を組立る
8章 さらに加工精度を求めて
9章 フライス盤が完成したら切削試験を
10章 加工機の剛性を上げる
11章 周辺機器編
Myフライス盤をつくる
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
切削加工に携わるサラリーマンの必読書。

工場に勤務する「ごく普通のサラリーマン」の著者が、教科書には載っていない「切削の裏技」をいざ開陳!

また、思わず共感の「切削エッセイ」16篇を収録!
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
このページの先頭へ戻る