新版 初歩から学ぶ工作機械

数量
定価  2,640円  (税込)
商品コード: ISBN4-88661-721-7
日本工作機械工業会
推薦図書






学びやすい、教えやすい、工作機械の教科書です。

●写真、図表、3次元モデル図を豊富に使用
●工作機械本体の全体像がつかめる
●理屈で理解することにより楽しく学べる

新版 初歩から学ぶ工作機械

[著者]
清水 伸二(上智大学 名誉教授)

[主要目次]
第1章 工作機械とは
第2章 ものづくりに使われている除去加工法と主な工作機械
第3章 工作機械に共通な基本構成要素と工作機械の分類
第4章 加工性能への影響因子と工作機械が有すべき基本特性
第5章 工作機械の主要構成要素の基本構造と仕組み
第6章 最近の工作機械

カード、コンビニ、
ATM、edyお支払いでの
年間定期購読は
富士山マガジンサービス
をご利用ください
 

http://www.fujisan.co.jp/product/1673/

金属組織観察のための検鏡試料の作り方
金属組織観察において最も苦労するのは,光学顕微鏡により組織観察を行うに当たって最も確かな組織を見いだすための検鏡試料の作製,すなわち,検鏡面の磨きとエッチングである.本書では,その手法を中心に解説している.
 金属組織について学ぶ方,仕事に不可欠な方,教える方,それぞれの立場においてご活用いただだきたい
金属組織観察のための検鏡試料の作り方
Myフライス盤をつくる
<主要目次>
0章 Myフライス盤をつくる
1章 NCフライス盤の制御機構
2章 NC装置(コントロールユニット)の構成
3章 NCユニットの製作
4章 NCフライス盤の設計
5章 フライス盤の本体を設計する
6章 安全カバー付き作業台をつくる
7章 フライス盤を組立る
8章 さらに加工精度を求めて
9章 フライス盤が完成したら切削試験を
10章 加工機の剛性を上げる
11章 周辺機器編
Myフライス盤をつくる
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
切削加工に携わるサラリーマンの必読書。

工場に勤務する「ごく普通のサラリーマン」の著者が、教科書には載っていない「切削の裏技」をいざ開陳!

また、思わず共感の「切削エッセイ」16篇を収録!
切削の本 - ごく普通のサラリーマンが書いた機械加工お助けマニュアル
このページの先頭へ戻る